御言葉メール103

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール103
2005年7月27日
「いま私は、あなたがたを神とその恵みのみことばとにゆだねます。みことばは、あなたがたを育成し、すべての聖なるものとされた人々の中にあって御国を継がせることができるのです。」(使徒20の32)
パウロは殉教を覚悟しながらのエルサレムの途上にありました。その途中、自分が開拓した、パウロにとって自分の子ども同然のエペソ教会の長老達と落ち合います。もう生きてエペソ教会を指導できないパウロは、自分がいなくなった後、パウロの語った福音とは違うことを言う人がでてきて、教会を混乱させることも予想していました。
キリストを中心とする教会とはどういうものかを教え続けてきたパウロにとって、そのことはどんなに耐え難い予想だったか、想像にあまりあります。しかしパウロは最悪が予想される時にも、たとえ自分がそこに居ても居なくても、教会と一人一人を守られる方は神とみことばである、という確信に立つのです。
私たちも、あらゆる状況の中で最悪を覚悟する時もあるかもしれません。しかし私たちの最悪以上の立場を経験された主キリストこそ、全ての状況を支配される主権者です。
この方があなたと私の味方としていつも居られますので、どんなにひどい状況でも「ゆだねます」と告白できます様に。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール103関連ページ

御言葉メール150
御言葉メール150 2006年1月7日 「夫たちよ。キリストが教会を愛し、教会のためにご自身をささげられたよう […]
御言葉メール149
御言葉メール149 2006年1月4日 「どうか、主があなたがたの心を導いて、神の愛とキリストの忍耐とを持たせ […]
御言葉メール148
御言葉メール148 2005年12月31日 「いま私は人に取り入ろうとしているのでしょうか。いや。神に、でしょ […]
御言葉メール147
御言葉メール147 2005年12月28日 「正しい者はとこしえに覚えられる。その人は悪い知らせを恐れず、主に […]
御言葉メール146
御言葉メール146 2005年12月24日 「キリストは、神の御姿であられる方なのに、神のあり方を捨てることが […]
御言葉メール145
御言葉メール145 2005年12月21日 「彼らは、主の恵みと、人の子らへの奇しいわざを主に感謝せよ。まこと […]
御言葉メール144
御言葉メール144 2005年12月17日 「夫たちよ。キリストが教会を愛し、 教会のためにご自身をささげられ […]
御言葉メール143
御言葉メール143 2005年12月14日 「私のたましいは黙って、ただ神を待ち望む。私の望みは神から来るから […]
御言葉メール142
御言葉メール142 2005年12月10日 「イエスは彼ら(弟子達)に言われた。「あなたがたは、わたしをだれだ […]
御言葉メール141
御言葉メール141 2005年12月7日 「マリヤは言った。『ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなた […]