金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

101〜150

御言葉メール113

投稿日:

御言葉メール113
2005年8月31日
「まことに、夜になると、私の心が私に教える。私はいつも、私の前に主を置いた。主が私の右におられるので、私はゆるぐことがない。」(詩篇16の7,8)
ようやく秋風の冷たさに、汗の引く日々になりました。夜は虫の鳴き声が、静けさをきわだたせます。
しかし暑い夏を経てきたこの時期は、身体も心も疲れやダルさが一気に出る時でもあります。特に一日の終わりの夜はそうです。その疲れをいやすのに、現代はテレビやゲーム、パソコンの音や画面に心や身体が引き付けられて、なかなか夜の静けさを味わうことができなくなりました。
それはまた、静けさの中で楽しめる主との交わりができない、という事でもあります。詩篇の作者は、夜、祈りと神の約束を黙想することを通して、主を信頼し従う恵みを教えられていきます。それは、どんな時でも私の前に主を置くという服従と、どんな時でも主が私の右におられ、必ず主が助けてくださるという確信になっていきます。
どうか疲れでボーッとしてテレビの前に座り込んでいる時も、テレビの面白さに嫌な事も忘れて見入っている時も、聖霊なる神さまが助けてくださり、聖書と祈りに追いやってください。忘れたいことを思い出す痛みを伴っても、ゆるぐ事のない確信へと導いて下さい。

カテゴリー

-101〜150

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.