金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

101〜150

御言葉メール110

投稿日:

御言葉メール110
2005年8月20日
「神はこのように、人をご自身のかたちに創造された。」(創1の27a)
人のおもな目的が、永遠に神を喜ぶ事だとするならば、この目的はこの世での人生が終わっても、永遠の長さを持っています。そしてこの人の目的は、人生のどのような状況でも、又何歳であっても実現できます。
この時よくよく注意しなければならないのは、喜びの表し方は人によって違うということです。また違うべきです。ただ聖書は「飲むにも食べるにも、また何事をするにも、全て神の栄光のためにすべき」(1コリント10章31節)だと教え、生きる事それ自体を感謝する者を神のために生きる者とします(ロマ14章6〜9節)。
ですから、人生の具体的な一つ一つの場面(日々の生活の中)で私たちが、神に心を向け、信じ、頼り、感謝するなら、神の栄光のために生きていることになるのです。そして私たちから全ての方法が無くなってもなお、私たちは神に心を向け、信じ、頼り、感謝し、従うことができます。
そして私たちは、その長い人生も倦むことなく、短い人生も失敗に終わることがありません。しかし最後に、最も大切な事は、永遠の御人格であられる神との交わりです。人格的存在である人間が、人格以下のものを第一の目的とすれば、自らを卑しくします。永遠の人格なる神こそ、第一の目的とすべき対象です。

カテゴリー

-101〜150

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.