御言葉メール116

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール116
2005年9月10日
「恐れのある日に、私は、あなたに信頼します。神にあって、私はみことばを、ほめたたえます。」(詩篇56の3、4)
私達は、どういう時に恐れるのでしょう。治る見込みのない病になる時、死に直面する時、失敗が他者に被害を与えたり、そのために責められたりする時、理由の有る無しにかかわらずいじめを受ける時、ウソから始まる事柄が明らかにされる時・・・・。
恐れは私達のまわりに影のようにつきまといます。上記の詩篇を書いたダビデはサウル王から命をねらわれていました。そのため逃亡したペリシテ人の地でも捕らえられてしまいます。恐怖の中での生活、そのストレスはダビデの肉体と精神に異常をきたしたとしても、おかしくはなかったでしょう。
しかしダビデは、より頼む方を知っていました。自分の心を全て御存知で赦しと助けを与えてくださる神、そしてこの神は御自分を信頼することを一番喜ばれる方であることをダビデは知っていました。ですから何かをする事よりも、どんな時でも助けてくださる神様に、自分の恐れを言い表す事ができたのです。
私達も恐れのある時に、神さまを信頼して全てを打ち明ける時、ダビデの告白を経験できるでしょう。恐れのあるところ、どこにおいても主のみことばが平安とその時々の導きをもって取り囲んでいることを。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール116関連ページ

御言葉メール150
御言葉メール150 2006年1月7日 「夫たちよ。キリストが教会を愛し、教会のためにご自身をささげられたよう […]
御言葉メール149
御言葉メール149 2006年1月4日 「どうか、主があなたがたの心を導いて、神の愛とキリストの忍耐とを持たせ […]
御言葉メール148
御言葉メール148 2005年12月31日 「いま私は人に取り入ろうとしているのでしょうか。いや。神に、でしょ […]
御言葉メール147
御言葉メール147 2005年12月28日 「正しい者はとこしえに覚えられる。その人は悪い知らせを恐れず、主に […]
御言葉メール146
御言葉メール146 2005年12月24日 「キリストは、神の御姿であられる方なのに、神のあり方を捨てることが […]
御言葉メール145
御言葉メール145 2005年12月21日 「彼らは、主の恵みと、人の子らへの奇しいわざを主に感謝せよ。まこと […]
御言葉メール144
御言葉メール144 2005年12月17日 「夫たちよ。キリストが教会を愛し、 教会のためにご自身をささげられ […]
御言葉メール143
御言葉メール143 2005年12月14日 「私のたましいは黙って、ただ神を待ち望む。私の望みは神から来るから […]
御言葉メール142
御言葉メール142 2005年12月10日 「イエスは彼ら(弟子達)に言われた。「あなたがたは、わたしをだれだ […]
御言葉メール141
御言葉メール141 2005年12月7日 「マリヤは言った。『ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなた […]