御言葉メール118

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール118
2005年9月17日
「金銀は私にはない。しかし、私にあるものを上げよう。ナザレのイエス・キリストの名によって、歩きなさい。」(使徒3の6)
私個人としては、今回の衆議院選挙は日本の進むべき方向に、不安を覚える結果となりました。権力が一つのところに集中しないように願っていたのですが・・・・。
中世において国王(国家)と教皇(教会)が利権、主権争いをします。その結果、教皇が国王以上の権力、富、名誉を握ることになります。キリストに膝をかがめるのと同様にペテロの後継者である教皇に(カトリックの理解で私達とは違います)、国王を始めとして全ての人は膝をかがめることになったのです。
しかしこの様な状況の中でも神様は、クレルボーのベルナールという主の僕を備えておられました。彼は司祭に推薦されても、地位を求めないと言って全て断り、弟子の一人が教皇に選ばれると、「『金銀は私には無い』と言った人の後継者である事を忘れないように。
金銀、宝石、兵隊はキリストから受けたものではなく、コンスタンチヌスから受けたものである。これを追い求めるな。私が死ぬ前に、初代のような教会を見させて欲しい。・・・」と言って諭したという事です。
この言葉は、私が誰のまた何のしもべとして生きているかを思い起こさせます。どうぞ私達の生活を通して、主の僕である事が現されます様に。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール118関連ページ

御言葉メール150
御言葉メール150 2006年1月7日 「夫たちよ。キリストが教会を愛し、教会のためにご自身をささげられたよう […]
御言葉メール149
御言葉メール149 2006年1月4日 「どうか、主があなたがたの心を導いて、神の愛とキリストの忍耐とを持たせ […]
御言葉メール148
御言葉メール148 2005年12月31日 「いま私は人に取り入ろうとしているのでしょうか。いや。神に、でしょ […]
御言葉メール147
御言葉メール147 2005年12月28日 「正しい者はとこしえに覚えられる。その人は悪い知らせを恐れず、主に […]
御言葉メール146
御言葉メール146 2005年12月24日 「キリストは、神の御姿であられる方なのに、神のあり方を捨てることが […]
御言葉メール145
御言葉メール145 2005年12月21日 「彼らは、主の恵みと、人の子らへの奇しいわざを主に感謝せよ。まこと […]
御言葉メール144
御言葉メール144 2005年12月17日 「夫たちよ。キリストが教会を愛し、 教会のためにご自身をささげられ […]
御言葉メール143
御言葉メール143 2005年12月14日 「私のたましいは黙って、ただ神を待ち望む。私の望みは神から来るから […]
御言葉メール142
御言葉メール142 2005年12月10日 「イエスは彼ら(弟子達)に言われた。「あなたがたは、わたしをだれだ […]
御言葉メール141
御言葉メール141 2005年12月7日 「マリヤは言った。『ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなた […]