御言葉メール120

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール120
2005年9月24日
「神は、高ぶる者を退け、へりくだる者に恵みをお授けになる。」(ヤコブ4の6)
ある時、私は自分が、世界の誰よりもみじめで、性格が悪く能力の無いものだと心から思いました。よくも今まで、こんな自分と周りの人は関わってくださったなあと、自分自身への嫌悪で沈みこむような感情の中で考えていました。
そういう中で、聖書の字面だけを追うような読み方ながらも、読み続ける中で、ひとつのことが教えられました。神様はこのような私と共に居てくださるという事です。神が、自分に満足し自分の経験を絶対視する心高ぶる者ではなく、神と人の前に自分が劣った者だと告白する者と共におられる、という箇所は聖書の中にたくさんでてきます。
確かに、イエス・キリストによって現された神は心優しく、どんな人間よりも自らを低くされた神でした。私はこの時、神というお方は聖書にある通り、本当にみじめな、心沈んでいる者と共に居てくださるという事、またそういう状態でなければ、柔和と謙遜の限りを尽くされたキリストを知り経験する事のむずかしさを教えられたのです。
しかしこれは何と幸いな事でしょうか。絶対的な主権者である愛と罪の無い神が、私達に何も求めようとされず、ただありのままの自分を神様に告げるだけでいいのです。これ以上の平安は地上にはありません。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール120関連ページ

御言葉メール150
御言葉メール150 2006年1月7日 「夫たちよ。キリストが教会を愛し、教会のためにご自身をささげられたよう […]
御言葉メール149
御言葉メール149 2006年1月4日 「どうか、主があなたがたの心を導いて、神の愛とキリストの忍耐とを持たせ […]
御言葉メール148
御言葉メール148 2005年12月31日 「いま私は人に取り入ろうとしているのでしょうか。いや。神に、でしょ […]
御言葉メール147
御言葉メール147 2005年12月28日 「正しい者はとこしえに覚えられる。その人は悪い知らせを恐れず、主に […]
御言葉メール146
御言葉メール146 2005年12月24日 「キリストは、神の御姿であられる方なのに、神のあり方を捨てることが […]
御言葉メール145
御言葉メール145 2005年12月21日 「彼らは、主の恵みと、人の子らへの奇しいわざを主に感謝せよ。まこと […]
御言葉メール144
御言葉メール144 2005年12月17日 「夫たちよ。キリストが教会を愛し、 教会のためにご自身をささげられ […]
御言葉メール143
御言葉メール143 2005年12月14日 「私のたましいは黙って、ただ神を待ち望む。私の望みは神から来るから […]
御言葉メール142
御言葉メール142 2005年12月10日 「イエスは彼ら(弟子達)に言われた。「あなたがたは、わたしをだれだ […]
御言葉メール141
御言葉メール141 2005年12月7日 「マリヤは言った。『ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなた […]