御言葉メール130

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール130
2005年10月29日
「自分の心にたよる者は愚かな者、知恵をもって歩む者は救われる。」(箴言28の26)
私たちが神を信じる、という時、それは同時に自分を頼らない、という事でもあります。しかし私自身、神と神のことばだけに信頼して歩もうと思っても、自分の思いに振り回されてしまう事が本当に多いのです。そういう時は物事を否定的にしか見れず、また被害者意識が強くなり、自分の思いや考えを正当化してしまいます。
これは、「神を愛し自分を愛するように人を愛せよ」と勧める神様のみこころとは全く違います。このような時の自分の心を信頼し、そのまま受け入れてはなりません。それは愚かな事です。それでは自分の力でその様な状態から抜け出せるでしょうか、それはできません。先ず神様に助けを求めましょう。これは信仰の戦いを開始したという事です。自分の思いに頼らないで、神様に頼る
ーこのために私たちは祈り助けを求めます、これが信仰の戦いです。神様のみこころではなく自分の思いのままにしてしまった、と失望落胆する事があっても、愛と哀れみに満ちておられる神様の赦しを覚える時になるでしょう。その赦しは、神様が全ての事を益にしてくださる事を確信させます。神が私達をみこころで満たされる時、自分ではなく主がなされたと感謝できるでしょう。これこそ知恵ある事です。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール130関連ページ

御言葉メール150
御言葉メール150 2006年1月7日 「夫たちよ。キリストが教会を愛し、教会のためにご自身をささげられたよう […]
御言葉メール149
御言葉メール149 2006年1月4日 「どうか、主があなたがたの心を導いて、神の愛とキリストの忍耐とを持たせ […]
御言葉メール148
御言葉メール148 2005年12月31日 「いま私は人に取り入ろうとしているのでしょうか。いや。神に、でしょ […]
御言葉メール147
御言葉メール147 2005年12月28日 「正しい者はとこしえに覚えられる。その人は悪い知らせを恐れず、主に […]
御言葉メール146
御言葉メール146 2005年12月24日 「キリストは、神の御姿であられる方なのに、神のあり方を捨てることが […]
御言葉メール145
御言葉メール145 2005年12月21日 「彼らは、主の恵みと、人の子らへの奇しいわざを主に感謝せよ。まこと […]
御言葉メール144
御言葉メール144 2005年12月17日 「夫たちよ。キリストが教会を愛し、 教会のためにご自身をささげられ […]
御言葉メール143
御言葉メール143 2005年12月14日 「私のたましいは黙って、ただ神を待ち望む。私の望みは神から来るから […]
御言葉メール142
御言葉メール142 2005年12月10日 「イエスは彼ら(弟子達)に言われた。「あなたがたは、わたしをだれだ […]
御言葉メール141
御言葉メール141 2005年12月7日 「マリヤは言った。『ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなた […]