金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

101〜150

御言葉メール137

投稿日:

御言葉メール137
2005年11月23日
「あなたに代わって、私の心は申します。『わたしの顔を、慕い求めよ。』と。主よ。あなたの御顔を私は慕い求めます。」(詩篇27の8)
一見、この言葉は理解できないかもしれません。「あなたに代わって」の「あなた」は神のことです。神に代わって、自分の心が自分に言う(教える)、という表現なのです。しかし多分、私たちは、この事を日常的に、あるいは無意識に行っています。
たとえば病やつらい事がある時、神様はどうして私をこんな目にあわせたのか、と思ったりします。その時、聖書を知り神のみこころを教えられていると、「それでも神様は愛なのだ」また「神様のなさる事は今はわからなくても、必ずそのみこころがわかる時がくる」と、自分に言い聞かせたりします。ただ、自分で自分を落ち着かせようと「大丈夫、大丈夫」と、いたずらに言っているのではなく、教えられた神のみことばによって神様御自身の思いを自分に教えるのです。
神様を信じる時、聖霊なる神様が私たちの内に住んでくださいます。聖霊はみことばを通して神のみこころを私たちに教えます。生来の私たちは神のみことばを受け入れる事はできませんので、私達は、神のことばをもって自分を教えなければなりません。日々の自分を教える業が、ますます神様を慕い求める者へと変えていきますように。

カテゴリー

-101〜150

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.