金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

101〜150

御言葉メール148

投稿日:

御言葉メール148
2005年12月31日
「いま私は人に取り入ろうとしているのでしょうか。いや。神に、でしょう。」(ガラテヤ1の10)
この一年を終え、新しい一年を迎えようとしていますが、多くのものを失ってきた一年であったように思います。新たな歩みを神のみ前に祈り、始めたはずの一年です。そして日々に多くのものを失う事の不安と恐れ、戸惑いの連続であったように思います。
ある人は、「失う多くのものを持っていると思っているのですか。たいした自信ですね」と言われるでしょう。一体全体、私は何を大切だとしているのでしょうか。誰を何を意識して、過ごしてきた一年だったのでしょうか。主イエスは「あなたがたは今、『私たちは目が見える。』と言っています。あなたがたの罪は残るのです。」と言われたのです。何も無い事が幸いであると、いつになったら心から思えるようになるのでしょうか。
持っている、解っている、という思いが自分自身を神様に向けなくさせているようです。新しい一年こそ、私の心が神に向かって、人の目(思い)を気にしている事から開放されて、漠然と失うこと、恥をかかされることを怖れない歩みをさせてください、と祈らされます。ですから貧しい者である事、悲しみを負う者である事を、神からの恵みと信仰によって過ごしたい。その為にも、失うこと屈辱を受ける事を怖れない平安な一年を過ごしたい。

カテゴリー

-101〜150

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.