金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

101〜150

御言葉メール142

投稿日:

御言葉メール142
2005年12月10日
「イエスは彼ら(弟子達)に言われた。「あなたがたは、わたしをだれだと言いますか。」(マタイ16章15節)
私たち日本人は、『あ・うん』の呼吸で、改めて口にする事を嫌います。「言わなくても分かるでしょう。」と言う感覚です。本当にそれで好いのでしょうか。イエスは、人々のご自分ついての評価を問われた後で、わざわざ弟子たちに冒頭の聖句のように聞かれました。
イエスは、弟子たちの気持ちをあえて聞かれなくても分かっていたはずです。しかしあえて聞かれたことから次のことが教えられます。昔から「人は、近くに寄れば寄るほど心は遠くなる」と言う言葉があります。私たちも長い間クリスチャンとして歩んでいるという強い自負心があるとき、ややもするとイエスに従うと言う決意を鮮明にする事なく、うやむやにしてしまう危険性があるのです。
同様に私たちは、身近にいる人、親しい人、最も大切な人に対してこそ、自分の気持ちをはっきりと言葉や態度で表すべきです。その時には、一番身近な人に対して、態度と言葉をどのように表すかについて、注意しなければなりません。

カテゴリー

-101〜150

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.