御言葉メール142

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール142
2005年12月10日
「イエスは彼ら(弟子達)に言われた。「あなたがたは、わたしをだれだと言いますか。」(マタイ16章15節)
私たち日本人は、『あ・うん』の呼吸で、改めて口にする事を嫌います。「言わなくても分かるでしょう。」と言う感覚です。本当にそれで好いのでしょうか。イエスは、人々のご自分ついての評価を問われた後で、わざわざ弟子たちに冒頭の聖句のように聞かれました。
イエスは、弟子たちの気持ちをあえて聞かれなくても分かっていたはずです。しかしあえて聞かれたことから次のことが教えられます。昔から「人は、近くに寄れば寄るほど心は遠くなる」と言う言葉があります。私たちも長い間クリスチャンとして歩んでいるという強い自負心があるとき、ややもするとイエスに従うと言う決意を鮮明にする事なく、うやむやにしてしまう危険性があるのです。
同様に私たちは、身近にいる人、親しい人、最も大切な人に対してこそ、自分の気持ちをはっきりと言葉や態度で表すべきです。その時には、一番身近な人に対して、態度と言葉をどのように表すかについて、注意しなければなりません。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール142関連ページ

御言葉メール150
御言葉メール150 2006年1月7日 「夫たちよ。キリストが教会を愛し、教会のためにご自身をささげられたよう […]
御言葉メール149
御言葉メール149 2006年1月4日 「どうか、主があなたがたの心を導いて、神の愛とキリストの忍耐とを持たせ […]
御言葉メール148
御言葉メール148 2005年12月31日 「いま私は人に取り入ろうとしているのでしょうか。いや。神に、でしょ […]
御言葉メール147
御言葉メール147 2005年12月28日 「正しい者はとこしえに覚えられる。その人は悪い知らせを恐れず、主に […]
御言葉メール146
御言葉メール146 2005年12月24日 「キリストは、神の御姿であられる方なのに、神のあり方を捨てることが […]
御言葉メール145
御言葉メール145 2005年12月21日 「彼らは、主の恵みと、人の子らへの奇しいわざを主に感謝せよ。まこと […]
御言葉メール144
御言葉メール144 2005年12月17日 「夫たちよ。キリストが教会を愛し、 教会のためにご自身をささげられ […]
御言葉メール143
御言葉メール143 2005年12月14日 「私のたましいは黙って、ただ神を待ち望む。私の望みは神から来るから […]
御言葉メール141
御言葉メール141 2005年12月7日 「マリヤは言った。『ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなた […]
御言葉メール140
御言葉メール140 2005年12月3日 「私は言った。『主よ、あわれんでください。私のたましいをいやしてくだ […]