御言葉メール150

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール150
2006年1月7日
「夫たちよ。キリストが教会を愛し、教会のためにご自身をささげられたように、あなたがたも、自分の妻を愛しなさい。」(エペソ5の25)
人間の罪のゆえに、花嫁が救われる道はキリストの死による以外になかった。キリストは、花嫁が生きて、新しい契約の復活において御自分のものとなるために死なれたのである。歴史のすべては、キリストのための花嫁を救い整えるという目標に向かって動いている。
それによって、花嫁はしみ一つない純粋なものとなり、結婚の祝宴に向けて整えられるのである。教会はキリストと一つであるゆえ (エペ5:28-30)、その時まで主キリストは御自身の教会を守り養われるのだ。これが結婚の意味である。ふたりは一つとなる。キリスト者の結婚における一致は、キリストと教会の一致を映し出すものである。そしてそれは、神の民と救い主なる神の永遠の一致なのである。
結婚は、このように神と教会の関係をあらわすものとして例えられる。夫の妻への愛は、キリストが教会のためにご自身を犠牲にされたように愛する事であり、妻の夫への服従は、教会がキリストに従うようになされる。このように二人がキリストを中心とする時、キリストと教会が一つであるように、一つとなるのである。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール150関連ページ

御言葉メール149
御言葉メール149 2006年1月4日 「どうか、主があなたがたの心を導いて、神の愛とキリストの忍耐とを持たせ […]
御言葉メール148
御言葉メール148 2005年12月31日 「いま私は人に取り入ろうとしているのでしょうか。いや。神に、でしょ […]
御言葉メール147
御言葉メール147 2005年12月28日 「正しい者はとこしえに覚えられる。その人は悪い知らせを恐れず、主に […]
御言葉メール146
御言葉メール146 2005年12月24日 「キリストは、神の御姿であられる方なのに、神のあり方を捨てることが […]
御言葉メール145
御言葉メール145 2005年12月21日 「彼らは、主の恵みと、人の子らへの奇しいわざを主に感謝せよ。まこと […]
御言葉メール144
御言葉メール144 2005年12月17日 「夫たちよ。キリストが教会を愛し、 教会のためにご自身をささげられ […]
御言葉メール143
御言葉メール143 2005年12月14日 「私のたましいは黙って、ただ神を待ち望む。私の望みは神から来るから […]
御言葉メール142
御言葉メール142 2005年12月10日 「イエスは彼ら(弟子達)に言われた。「あなたがたは、わたしをだれだ […]
御言葉メール141
御言葉メール141 2005年12月7日 「マリヤは言った。『ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなた […]
御言葉メール140
御言葉メール140 2005年12月3日 「私は言った。『主よ、あわれんでください。私のたましいをいやしてくだ […]