金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

101〜150

御言葉メール150

投稿日:

御言葉メール150
2006年1月7日
「夫たちよ。キリストが教会を愛し、教会のためにご自身をささげられたように、あなたがたも、自分の妻を愛しなさい。」(エペソ5の25)
人間の罪のゆえに、花嫁が救われる道はキリストの死による以外になかった。キリストは、花嫁が生きて、新しい契約の復活において御自分のものとなるために死なれたのである。歴史のすべては、キリストのための花嫁を救い整えるという目標に向かって動いている。
それによって、花嫁はしみ一つない純粋なものとなり、結婚の祝宴に向けて整えられるのである。教会はキリストと一つであるゆえ (エペ5:28-30)、その時まで主キリストは御自身の教会を守り養われるのだ。これが結婚の意味である。ふたりは一つとなる。キリスト者の結婚における一致は、キリストと教会の一致を映し出すものである。そしてそれは、神の民と救い主なる神の永遠の一致なのである。
結婚は、このように神と教会の関係をあらわすものとして例えられる。夫の妻への愛は、キリストが教会のためにご自身を犠牲にされたように愛する事であり、妻の夫への服従は、教会がキリストに従うようになされる。このように二人がキリストを中心とする時、キリストと教会が一つであるように、一つとなるのである。

カテゴリー

-101〜150

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.