金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

151〜200

御言葉メール151

投稿日:

御言葉メール151
2006年1月11日
「私たちは、どのように祈ったらよいかわからないのですが、御霊ご自身が、言いようもない深いうめきによって、私たちのためにとりなしてくださいます。」(ローマ8の26)
私たちは祈れなくなったり、また何をどのように祈ってよいのか、わからなくなったりする事があります。深い挫折、考えてもいない悪い事態やショックな事がある時、失望落胆に加えて、これからどうなるのだろうか、という不安や恐れで頭が混乱してしまいます。
聖書も開けず祈りの言葉も出てこないでしょう。私もそういう経験の中で、上記のみことばによって慰めと同時に一つの事を教えられました。それは、この状態でいいのだ、という事です。これは、そういうところから抜け出す事こそ求めている事から考えると、矛盾のように思われるかもしれません。しかし見通しのつかない苦しい状態の中で、神(御霊)御自身が弱い私の代わりに苦しまれ、祈れない者のためにとりなして下さる
ーその事を覚えた時、私のこの状態の中にすら神は共におられる事を知った平安でした。自分で無理に何かをしなくもいい事、ただ言葉にならない呻きをも神は御存知でおられる事を、みことばから確認する事を教えられたのです。主なる神は必ず、時と思いを備えられます。どうぞ、みことばがあなたの今の苦しみを支えますように。

カテゴリー

-151〜200

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.