御言葉メール163

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール163
2006年2月22日
「たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを恐れません。あなたが私とともにおられますから。」(詩篇23の4)
私達は、困った時、悩んだ時、人に相談する事もできますし、具体的な助けを求める事もできます。しかしそれでも人生には、人に相談して解決できない問題もあります。人によってそれはいろいろかもしれませんが、人に等しく訪れる死は、その最たるものではないでしょうか。
自分自身が経験した事のない将来への不安、恐れ。今までの生活の全てから自分一人だけいなくなる。生きている人がいて、自分だけそこから取り去られるーどれだけ多くの人が周りで見守ってくれていても、迫り来る死に対しては、自分で向き合わなければならない。今まで親しく交わってきた人と行動を共にできないのが死です。しかし死に臨んでなお、一人ではないと語りかけてくださる御声があるのです。詩篇の記者は、死に直面しても、わざわいを恐れないと言います。
それは、神が共にいてくださるからです。多くの物や人に囲まれている時、神が共にいてくださる事に関心を持つことができません。でも一人で歩む死の道で、一人ではないと知る事ができる平安。私は自分の終末を考え不安になる時、上記のみことばにすがります、共にいてくださるというこの約束こそ、不安の中で私を支えるのです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール163関連ページ

御言葉メール200
御言葉メール200 2006年7月1日 「では、カイザルのものはカイザルに返しなさい。そして神のものは神に返し […]
御言葉メール199
御言葉メール199 2006年6月28日 「見よ。私がよいと見たこと、好ましいことは、神がその人に許されるいの […]
御言葉メール198
御言葉メール198 2006年6月24日 「けれども、私が自分の走るべき行程を走り尽くし、主イエスから受けた、 […]
御言葉メール197
御言葉メール197 2006年6月21日 「ただわかっているのは、聖霊がどの町でも私にはっきりとあかしされて、 […]
御言葉メール196
御言葉メール196 2006年6月17日 「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合うこと、 […]
御言葉メール195
御言葉メール195 2006年6月14日 「キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世に来られた。」ということ […]
御言葉メール194
御言葉メール194 2006年6月10日 「あなたがたは、聖書の中に永遠のいのちがあると思うので、聖書を調べて […]
御言葉メール193
御言葉メール193 2006年6月7日 「キリストは教会のかしらであって、ご自身がそのからだの救い主であられる […]
御言葉メール192
御言葉メール192 2006年6月3日 「あなたは女の中の祝福された方。」(ルカ1の42) 私たちはいつも〈祝 […]
御言葉メール191
御言葉メール191 2006年5月31日 「イエスがキリストであると信じる者はだれでも、神によって生まれたので […]