金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

151〜200

御言葉メール163

投稿日:

御言葉メール163
2006年2月22日
「たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを恐れません。あなたが私とともにおられますから。」(詩篇23の4)
私達は、困った時、悩んだ時、人に相談する事もできますし、具体的な助けを求める事もできます。しかしそれでも人生には、人に相談して解決できない問題もあります。人によってそれはいろいろかもしれませんが、人に等しく訪れる死は、その最たるものではないでしょうか。
自分自身が経験した事のない将来への不安、恐れ。今までの生活の全てから自分一人だけいなくなる。生きている人がいて、自分だけそこから取り去られるーどれだけ多くの人が周りで見守ってくれていても、迫り来る死に対しては、自分で向き合わなければならない。今まで親しく交わってきた人と行動を共にできないのが死です。しかし死に臨んでなお、一人ではないと語りかけてくださる御声があるのです。詩篇の記者は、死に直面しても、わざわいを恐れないと言います。
それは、神が共にいてくださるからです。多くの物や人に囲まれている時、神が共にいてくださる事に関心を持つことができません。でも一人で歩む死の道で、一人ではないと知る事ができる平安。私は自分の終末を考え不安になる時、上記のみことばにすがります、共にいてくださるというこの約束こそ、不安の中で私を支えるのです。

カテゴリー

-151〜200

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.