金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

151〜200

御言葉メール161

投稿日:

御言葉メール161
2006年2月15日
「あなたがたのうちで罪のない者が、最初に彼女に石を投げなさい。」(ヨハネ8の7)
私たちは、今までの人生で何度「あの人さえいなければ」という思いを抱いて生きてきた事でしょうか。私は、今は亡くなりましたが母に対してその思いを持ちました。たとえどのような理由があろうと、母に対してそのような思いを持った事で、自分自身がどんなに恐ろしい人間かと考えるようになりました。
しかももっと悪い事には、そのような思いをもちたくないと思っても、自分の内から沸いてきてしまうのです。人を殺すまでに至らなくても、憎しみ、怒りを他者に対して持つなら、すでに殺人を犯していると聖書は私たちに言明します。私たちは今に至るまで、どれほど多くの人を殺してきた事でしょうか。姦淫の女が連れ出された現場では、イエスを無き者にしようとする政治宗教指導者が、この女を利用してイエスを陥れるワナを巧妙に仕掛けていました。
イエスに対する憎悪と敵意は、イエスを抹殺せずにはおれません。しかし人間の罪が渦巻く只中に、キリストはおられます。人間の醜さの只中に、その罪を赦す神の愛が存在しているのです。 姦淫を犯した女性を守り赦される主は、自分を殺そうとする者にも、罪の無いものから石を投げるように言われて、罪を裁くのではなく罪を気ずかせ赦して下さる神なのです。

カテゴリー

-151〜200

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.