御言葉メール159

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール159
2006年2月8日
「あなたがたは、罪人たちのこのような反抗を忍ばれた方のことを考えなさい。それは、あなたがたの心が元気を失い、疲れ果ててしまわないためです。」(ヘブル12の3)
ヘブル書は、1世紀のユダヤ教から改宗したクリスチャンに送られた手紙だろうと言われています。このユダヤ人クリスチャンの群れは、ローマ皇帝の迫害の中で、全くいわれのない中傷と命の危険に毎日さらされていました。その迫害の中で、教会内部ではユダヤ教に帰ろうとする信仰の危機がでていました。
その現状にヘブル書の著者は、ローマ皇帝と戦う事を勧めたり、背教する者に対してどうするかを教えているのではありません。ただ恐ろしい苦難と恥を忍ばれたイエスのことを考えるようにひたすら勧めます。私たちは直面する問題と取り組み戦ううちに、自分がその問題にしばられて身動き取れなくなっている事にきずきます。ヘブル書のみことばは、そのような私達にどんな問題の中でも、先ず、キリストの事を考えるように勧めるのです。
しかしこれは、言いたいことを言いやりたい事をやる人間の本性にとってつらい戦いです。けれども人や問題と取り組む前にキリストに向かう事を、自らの戦いとできる事こそ、問題の解決と平安の道です。失意に中にも元気を失うことなく、打ちひしがれていても疲れ果てる事のない歩みです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール159関連ページ

御言葉メール200
御言葉メール200 2006年7月1日 「では、カイザルのものはカイザルに返しなさい。そして神のものは神に返し […]
御言葉メール199
御言葉メール199 2006年6月28日 「見よ。私がよいと見たこと、好ましいことは、神がその人に許されるいの […]
御言葉メール198
御言葉メール198 2006年6月24日 「けれども、私が自分の走るべき行程を走り尽くし、主イエスから受けた、 […]
御言葉メール197
御言葉メール197 2006年6月21日 「ただわかっているのは、聖霊がどの町でも私にはっきりとあかしされて、 […]
御言葉メール196
御言葉メール196 2006年6月17日 「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合うこと、 […]
御言葉メール195
御言葉メール195 2006年6月14日 「キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世に来られた。」ということ […]
御言葉メール194
御言葉メール194 2006年6月10日 「あなたがたは、聖書の中に永遠のいのちがあると思うので、聖書を調べて […]
御言葉メール193
御言葉メール193 2006年6月7日 「キリストは教会のかしらであって、ご自身がそのからだの救い主であられる […]
御言葉メール192
御言葉メール192 2006年6月3日 「あなたは女の中の祝福された方。」(ルカ1の42) 私たちはいつも〈祝 […]
御言葉メール191
御言葉メール191 2006年5月31日 「イエスがキリストであると信じる者はだれでも、神によって生まれたので […]