御言葉メール157

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール157
2006年2月1日
「私は、預言者イザヤが言ったように『主の道をまっすぐにせよ。』と荒野で叫んでいる者の声です。」(ヨハネ1の23)
言葉は自分の悲しい気持ち、うれしい思い、不安、怒り等を他者に伝える事ができます。自分の考えている事また感情を、相手に伝える言葉を探す人は、同時に相手の気持ちを思いやる人ともいえるでしょう。そういう人との交わりは、自ら問題が整理されたり、心が解き放たれたりする事を経験するのではないでしょうか。それは雄弁であるとか説得力があるとか年上である事が必要ということでは全くありません。
バプテスマのヨハネは、自分を「声」だと言いました。自分の方に皆を引き付けるために自分の事を語る言葉ではなく、「主の道をまっすぐにせよ」と呼ばわり、キリストを指し示す、声だというのです。自分自身のために名誉も利益も権力も求めない。人々の心をイエスにだけ向ける声として生きました。この姿勢からでた言葉は、人々をまことの救い主であるキリストに向けさせたのです。
私たちも、自分の思いを通そうとするわがままや自己中心を赦していただきながら発する言葉は、他者との関係を豊かにし、キリストを覚える交わりとなっていくでしょう。私自身は、多くのそういう人たちの交わりの中で支えられ、慰められ、助けられながら今日があります。  

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール157関連ページ

御言葉メール200
御言葉メール200 2006年7月1日 「では、カイザルのものはカイザルに返しなさい。そして神のものは神に返し […]
御言葉メール199
御言葉メール199 2006年6月28日 「見よ。私がよいと見たこと、好ましいことは、神がその人に許されるいの […]
御言葉メール198
御言葉メール198 2006年6月24日 「けれども、私が自分の走るべき行程を走り尽くし、主イエスから受けた、 […]
御言葉メール197
御言葉メール197 2006年6月21日 「ただわかっているのは、聖霊がどの町でも私にはっきりとあかしされて、 […]
御言葉メール196
御言葉メール196 2006年6月17日 「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合うこと、 […]
御言葉メール195
御言葉メール195 2006年6月14日 「キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世に来られた。」ということ […]
御言葉メール194
御言葉メール194 2006年6月10日 「あなたがたは、聖書の中に永遠のいのちがあると思うので、聖書を調べて […]
御言葉メール193
御言葉メール193 2006年6月7日 「キリストは教会のかしらであって、ご自身がそのからだの救い主であられる […]
御言葉メール192
御言葉メール192 2006年6月3日 「あなたは女の中の祝福された方。」(ルカ1の42) 私たちはいつも〈祝 […]
御言葉メール191
御言葉メール191 2006年5月31日 「イエスがキリストであると信じる者はだれでも、神によって生まれたので […]