金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

151〜200

御言葉メール172

投稿日:

御言葉メール172
2006年3月25日
[だが、今、ヤコブよ。あなたを造り出した方、主はこう仰せられる。・・・「恐れるな。わたしがあなたを贖ったのだ。わたしはあなたの名を呼んだ。あなたはわたしのもの。](イザヤ43の1)
全てが嫌になり、何もしたくなくなる。「もうどうにでもなれ!」と誰に向かってでもなくつぶやきたくなる。また、漠然とした苛立ちと不安、人がどの様に自分を見るだろうか、と言う人への恐れが湧いてきた結果なのかと思う。
このような気持ちは、劣等感から来る人への不信、また肉体的不調の時におこる虚脱感、等々の存在感が感じられなくなった時に出てくる思いである。この時人の言葉や態度に苛立ち、また人の思いが気になる。そんな時、イザヤ書のこの言葉を思い出す。このみ言葉を思い出させて下さる神に感謝する。この言葉に支えられ、罪を人に向かって吐き出し罪を露わにする事から免れる。クリスチャンは、幸いな者と思う。神は、ヤコブの子孫が立派だったからこのように言われたのではない。
42章は、多くの背きの罪の故に神に裁かれ、見捨てられた民について語っている。それなのに神は、一方的に宣言されて「だが、今」「恐れるな。わたしがあなたを贖った」「あなたはわたしのもの]と言われている。私をどのような状態でも責めるのではなく、「ここだ]と居場所を教え、引き戻してくれる。

カテゴリー

-151〜200

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.