御言葉メール171

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール171
2006年3月22日
「もしあなたがたの互いの間に愛があるなら、それによって、あなたがたがわたしの弟子であることを、すべての人が認めるのです。」(ヨハネ13章35節)
いろいろな営業の人が来られますが、その説明の仕方によって、その人が自分の商品に自信をもっているのだなあ、ということがわかります。キリストは、お互いが愛し合う事で、キリストの弟子である事がわかる、といわれます。愛し合うことーこれは一人ではできません。
自分の知識をふやしたり自分の仕事を上手にこなす事は、一人でできるかもしれません。しかし人を愛する、という時、そこには愛し愛される対象がいるのです。自分ひとりの働きではなく、喜びやつらさを「共に」分かち合う「関係」こそ「愛」ではないでしょうか。私はこのみことばを通して、自分の身勝手さがあらわにされた様に思いました。今、自分がしなければならない事があったり、したい事があったりすると、それを妨げる家族や事情を面倒に思い、心の中では切り捨てて、適当にあしらっているのです。
それはお互い、いらだちや不平となってあらわれます。自分の今の状態をわかってもらおうとすれば、忍耐強く関わりを持たなければなりません。キリストの弟子として、どういう状態でもお互いを切り捨てない関係こそ、愛の関係と呼べるのではないでしょうか。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール171関連ページ

御言葉メール200
御言葉メール200 2006年7月1日 「では、カイザルのものはカイザルに返しなさい。そして神のものは神に返し […]
御言葉メール199
御言葉メール199 2006年6月28日 「見よ。私がよいと見たこと、好ましいことは、神がその人に許されるいの […]
御言葉メール198
御言葉メール198 2006年6月24日 「けれども、私が自分の走るべき行程を走り尽くし、主イエスから受けた、 […]
御言葉メール197
御言葉メール197 2006年6月21日 「ただわかっているのは、聖霊がどの町でも私にはっきりとあかしされて、 […]
御言葉メール196
御言葉メール196 2006年6月17日 「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合うこと、 […]
御言葉メール195
御言葉メール195 2006年6月14日 「キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世に来られた。」ということ […]
御言葉メール194
御言葉メール194 2006年6月10日 「あなたがたは、聖書の中に永遠のいのちがあると思うので、聖書を調べて […]
御言葉メール193
御言葉メール193 2006年6月7日 「キリストは教会のかしらであって、ご自身がそのからだの救い主であられる […]
御言葉メール192
御言葉メール192 2006年6月3日 「あなたは女の中の祝福された方。」(ルカ1の42) 私たちはいつも〈祝 […]
御言葉メール191
御言葉メール191 2006年5月31日 「イエスがキリストであると信じる者はだれでも、神によって生まれたので […]