御言葉メール166

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール166
2006年3月4日
「私たちの神、主のご慈愛が私たちの上にありますように。そして、私たちの手のわざを確かなものにしてください。どうか、私たちの手のわざを確かなものにしてください。」(詩90:17)
この詩篇の冒頭には、「神の人モーセの祈り」とあります。モーセは、「地上のだれにもまさって非常に謙遜であった」(民12:3)人です。
そして同時に彼の生涯は、民が罪を犯し神の裁きの宣告を受けた時、神のみ前に出て民の赦しを願う、とりなしの祈りであった事を思い出します。私は、ここからモーセが「非常に謙遜であった」といわれる理由が、どの様な時でも人々のためにとりなしの祈りをやめない、事だと教えられました。彼は、いつも神により頼んでいました。神により頼む祈りは、神への絶対的な信頼の現われです。
私が、自分の力で(意識していないつもりでも)、「何とかなるだろう。何とかするしかない」といって、とりなしの祈りのないなら、何と傲慢なことだろうか、と思わされました。またモーセは、偉大な民の指導者でした。そして数々の偉大な業をやり遂げました。しかし彼は、自分の全ての業や功績を自分の存在の根拠にはしませんでした。神に自分の全ての業を確かにして下さいと祈って、神が受け入れて下さる様にと祈るのです。私は、そんなモーセの姿に自分の傲慢さを突かれた思いがします。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール166関連ページ

御言葉メール200
御言葉メール200 2006年7月1日 「では、カイザルのものはカイザルに返しなさい。そして神のものは神に返し […]
御言葉メール199
御言葉メール199 2006年6月28日 「見よ。私がよいと見たこと、好ましいことは、神がその人に許されるいの […]
御言葉メール198
御言葉メール198 2006年6月24日 「けれども、私が自分の走るべき行程を走り尽くし、主イエスから受けた、 […]
御言葉メール197
御言葉メール197 2006年6月21日 「ただわかっているのは、聖霊がどの町でも私にはっきりとあかしされて、 […]
御言葉メール196
御言葉メール196 2006年6月17日 「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合うこと、 […]
御言葉メール195
御言葉メール195 2006年6月14日 「キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世に来られた。」ということ […]
御言葉メール194
御言葉メール194 2006年6月10日 「あなたがたは、聖書の中に永遠のいのちがあると思うので、聖書を調べて […]
御言葉メール193
御言葉メール193 2006年6月7日 「キリストは教会のかしらであって、ご自身がそのからだの救い主であられる […]
御言葉メール192
御言葉メール192 2006年6月3日 「あなたは女の中の祝福された方。」(ルカ1の42) 私たちはいつも〈祝 […]
御言葉メール191
御言葉メール191 2006年5月31日 「イエスがキリストであると信じる者はだれでも、神によって生まれたので […]