金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

151〜200

御言葉メール185

投稿日:

御言葉メール185
2006年5月10日
「私達は神の作品であって、良い行いをするためにキリスト・イエスにあって造られたのです。神は、私達が良い行いに歩むように、その良い行いをもあらかじめ備えてくださったのです。」(エペソ2の10)
救われるために、行いは全く必要ありません、ということを前回お話しました。それではクリスチャンとして生活する時はどうでしょうか。クリスチャンらしくりっぱにふるまわなければならないと考えて、私も自分で一生懸命がんばったりした時もありました。
でも、土台、無理な話です。もともとよい行いができないことを認めてキリストを信じたのですから。それではキリストを信じても良い行いはできないのでしょうか。そうではありません。もうすでに良い行いをしているのです。一番良い行いは何かというと、キリストを信頼し期待することです。
そこから出てくることは、自分で良い行いをすることではなく、自分にはできないことを認め、キリストに助けと導きを祈り求めさせます。その時、私達がする良い行いの一つ一つが、実は神様が私達の内に様々な願いを起こし、良い行いをさせて下さったという事に気づかされるでしょう。自分で考えて行いながらも、実は神が良い行いを備えてくださっていた、という事に気づく時、自分がしなければという思いから解放されるのではないでしょうか。

カテゴリー

-151〜200

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.