御言葉メール199

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール199
2006年6月28日
「見よ。私がよいと見たこと、好ましいことは、神がその人に許されるいのちの日数の間、日の下で骨折るすべての労苦のうちに、しあわせを見つけて、食べたり飲んだりすることだ。これが人の受ける分なのだ。」(伝道者の書5の18)
私は労苦やつらさは、有るより無い方がどんなに良いかと思ったり、また無いほうが、神様の祝福ではないかと、つい考えてしまったりします。その様な私に上記のみことばは、人にはそれぞれ負うべき重荷があることを思い出させます。
この聖句の前節は、人は多くの苦痛、病気、怒りの中で食事をする、即ち生活するとあります。一人一人、何らかの苦痛、病気、怒りを抱えながら、その中で生きれる事こそ、神様の与えられた恵みであり、幸せであると私には聞こえます。しかしそれがどんなに大変な事か、当事者にとって全てを投げ出したくなるような状況の中で、それでも主の成さる事なのだ、と神様へ心を向けることは容易なことではありません。
その様な時、私は「あなたを信頼させてください」と祈ります。何よりも、全ての与え主である神への信頼が与えられる時、変わらない状況の中でも、期待する自分を発見するのです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール199関連ページ

御言葉メール200
御言葉メール200 2006年7月1日 「では、カイザルのものはカイザルに返しなさい。そして神のものは神に返し […]
御言葉メール198
御言葉メール198 2006年6月24日 「けれども、私が自分の走るべき行程を走り尽くし、主イエスから受けた、 […]
御言葉メール197
御言葉メール197 2006年6月21日 「ただわかっているのは、聖霊がどの町でも私にはっきりとあかしされて、 […]
御言葉メール196
御言葉メール196 2006年6月17日 「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合うこと、 […]
御言葉メール195
御言葉メール195 2006年6月14日 「キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世に来られた。」ということ […]
御言葉メール194
御言葉メール194 2006年6月10日 「あなたがたは、聖書の中に永遠のいのちがあると思うので、聖書を調べて […]
御言葉メール193
御言葉メール193 2006年6月7日 「キリストは教会のかしらであって、ご自身がそのからだの救い主であられる […]
御言葉メール192
御言葉メール192 2006年6月3日 「あなたは女の中の祝福された方。」(ルカ1の42) 私たちはいつも〈祝 […]
御言葉メール191
御言葉メール191 2006年5月31日 「イエスがキリストであると信じる者はだれでも、神によって生まれたので […]
御言葉メール190
御言葉メール190 2006年5月27日 「さて、主の囚人である私はあなたがたに勧めます。召されたあなたがたは […]