御言葉メール192

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール192
2006年6月3日
「あなたは女の中の祝福された方。」(ルカ1の42)
私たちはいつも〈祝福〉という言葉を使って神様を賛美し、又〈祝福がありますように〉といって励ましの言葉とします。挨拶のように〈祝福〉という言葉を言います。では「祝福が有る、無い」とは何でしょうか。又何を期待するのでしょうか。冒頭の聖句は、聖霊によって身ごもったイエスの母マリヤが、エリサベツを訪問した時に受けた挨拶のことばです。
この時のマリヤは、人からうらやましがられるような状態ではありません。何故なら彼女の妊娠は、婚約者ヨセフにも話せないことでした。人々からの激しい罵声と侮辱を受け、死も覚悟しなければなりません。そんなマリヤに向かって「女の中の祝福された方」といったのです。この状態のどこが祝福だというのでしょう。戸惑うばかりです。しかし、これはマリヤにとっては、大きな慰めとなったことでしょう。エリサベツは、マリヤを解っていてくれたのです。
彼女は言います。「主によって語られたことは必ず実現すると信じきった人は、何と幸いなことでしょう。」私たちは、様々な神の祝福の中で、神のお言葉を信頼できることこそ祝福と教えられます。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール192関連ページ

御言葉メール200
御言葉メール200 2006年7月1日 「では、カイザルのものはカイザルに返しなさい。そして神のものは神に返し […]
御言葉メール199
御言葉メール199 2006年6月28日 「見よ。私がよいと見たこと、好ましいことは、神がその人に許されるいの […]
御言葉メール198
御言葉メール198 2006年6月24日 「けれども、私が自分の走るべき行程を走り尽くし、主イエスから受けた、 […]
御言葉メール197
御言葉メール197 2006年6月21日 「ただわかっているのは、聖霊がどの町でも私にはっきりとあかしされて、 […]
御言葉メール196
御言葉メール196 2006年6月17日 「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合うこと、 […]
御言葉メール195
御言葉メール195 2006年6月14日 「キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世に来られた。」ということ […]
御言葉メール194
御言葉メール194 2006年6月10日 「あなたがたは、聖書の中に永遠のいのちがあると思うので、聖書を調べて […]
御言葉メール193
御言葉メール193 2006年6月7日 「キリストは教会のかしらであって、ご自身がそのからだの救い主であられる […]
御言葉メール191
御言葉メール191 2006年5月31日 「イエスがキリストであると信じる者はだれでも、神によって生まれたので […]
御言葉メール190
御言葉メール190 2006年5月27日 「さて、主の囚人である私はあなたがたに勧めます。召されたあなたがたは […]