御言葉メール202

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール202
2006年7月8日
「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられています。」(マタイ28の18 )
高名な福音主義の神学者にして内閣総理大臣になったある人は、全ての領域において神の主権を受け入れることを提唱しました。そして彼は、オランダの諸教会がやすやすと近代主義の世界観に毒され、世俗化してしまった理由を「神の御前にある者として」どこにあっても生きてこなかったからだと述べております。
そうです、キリストの尊い救いによって神との交わりを回復された者は、その生活の全体を通して神に仕えるべきです。つまり、キリスト教が、自然、社会、科学、学問、政治などの地上的事柄なども神の主権の下にあるのです。ですから聖書的、有神論的原理によって考え、行動するキリスト教の文化的使命を考えなければならなかったのです。
私たちは、どうでしょうか。具体的な地上生活では、聖書信仰と生活を区別することが良いと思っていないでしょうか。このような信仰生活が、戦前戦中のキリスト教界の過ちを繰り返すことになるのではないでしょうか。私たちは、聖書に規制されない、分離した領域を自分の生活の中に持ってはなりません。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール202関連ページ

御言葉メール250
御言葉メール250 2007年1月17日 わたしは注意して聞いたが、彼らは正しくないことを語り、「私はなんとい […]
御言葉メール249
御言葉メール249 2007年1月13日 「しかし私には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするも […]
御言葉メール248
御言葉メール248 2007年1月10日 「私は罪を犯さなかった。」と言うから、今、わたしはあなたをさばく。( […]
御言葉メール247
御言葉メール247 2007年1月6日 「敬虔には兄弟愛を、兄弟愛には愛を加えなさい。」(2ペテロ1の7) ペ […]
御言葉メール246
御言葉メール246 2007年1月3日 「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは […]
御言葉メール245
御言葉メール245 2006年12月31日 「わたしが目を留める者は、へりくだって心砕かれ、わたしのことばにお […]
御言葉メール244
御言葉メール244 2006年12月27日 「あなたがたも祈りによって、私たちを助けて協力してくださるでしょう […]
御言葉メール243
御言葉メール243 2006年12月23日 「見よ。やみが地をおおい、暗やみが諸国の民をおおっている。しかし、 […]
御言葉メール242
御言葉メール242 2006年12月20日 「キリストは、神の御姿であられる方なのに、神のあり方を捨てることが […]
御言葉メール241
御言葉メール241 2006年12月16日 「もしも主に仕えることがあなたがたの気に入らないなら、川の向こうに […]