御言葉メール201

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール201
2006年7月5日
「悲しみは笑いにまさる。顔の曇りによって心は良くなる。知恵ある者の心は喪中の家に向き、愚かな者の心は楽しみの家に向く。」(伝道者の書7の3,4)
私はキリストを信じる前、どんな生き方をしていても、自分が死ぬ時には「本当に私の人生はこれでよかった、感謝します」と、心から思って死んでいきたいと考えた時期がありました。
その様な死に方をするためには、その様な生き方をしなければと思い、理想を持ったりもしましたが、失敗と挫折だけでした。しかしやがてキリストを信じ、死に臨んでもキリストが共に居られる、という約束を信じれる幸いにあずかりました。聖書は‘悲しみは笑いにまさり、顔の曇りによって心は良くなる‘といい、人が避けて通ろうとする死と向き合う事を勧めます。死を考える事は、自分の生き方を考える事になるからです。
死を基点として生を見る時、厳粛な思いになります。みことばと同じく「死」という絶対的基準に心を留めるなら、日々の私達が抱える問題にも、又つらい渦中にあっても、それらを導いておられる神を覚える事でしょう。死と裁きの主権者が、今の私達の問題にも全面的に関わってくださるのです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール201関連ページ

御言葉メール250
御言葉メール250 2007年1月17日 わたしは注意して聞いたが、彼らは正しくないことを語り、「私はなんとい […]
御言葉メール249
御言葉メール249 2007年1月13日 「しかし私には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするも […]
御言葉メール248
御言葉メール248 2007年1月10日 「私は罪を犯さなかった。」と言うから、今、わたしはあなたをさばく。( […]
御言葉メール247
御言葉メール247 2007年1月6日 「敬虔には兄弟愛を、兄弟愛には愛を加えなさい。」(2ペテロ1の7) ペ […]
御言葉メール246
御言葉メール246 2007年1月3日 「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは […]
御言葉メール245
御言葉メール245 2006年12月31日 「わたしが目を留める者は、へりくだって心砕かれ、わたしのことばにお […]
御言葉メール244
御言葉メール244 2006年12月27日 「あなたがたも祈りによって、私たちを助けて協力してくださるでしょう […]
御言葉メール243
御言葉メール243 2006年12月23日 「見よ。やみが地をおおい、暗やみが諸国の民をおおっている。しかし、 […]
御言葉メール242
御言葉メール242 2006年12月20日 「キリストは、神の御姿であられる方なのに、神のあり方を捨てることが […]
御言葉メール241
御言葉メール241 2006年12月16日 「もしも主に仕えることがあなたがたの気に入らないなら、川の向こうに […]