御言葉メール210

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール210 〔06/08/23〕
2006年8月23日
「わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招いて、悔い改めさせるために来たのです。」(ルカ5の32)
どうして人は、神様を信じることができないのでしょうか。夜回り先生で有名な水谷修先生が、教師になりたい若者に二つの大切なアドバイスをされました。そのうちの一つに「ごめんなさい、と生徒に対しても謝れる教師になれ」というものでした。
私たちは人には謝ることを要求しますが、自分は謝ろうとしません。謝らせる事は相手よりも優位に立つことになるが、謝ることは敗北することだから、絶対に先に謝った方が損をすると思っています。ですから「ごめんなさい」と謝るのは、とても勇気が必要です。たとえ先生や上司・先輩であっても罪や未熟さ、失敗をします。
それを素直に認め合わなければ、誰とも真実な関係は築けません。人との関係さえもそうならば、ましてや私たちの全てを知っておられる神様に対して、自分の義を主張して誇っていては、神さまとの信頼関係は築けません。そこでイエスさまは、私たちに悔い改めを勧めたのです。どんな人でもイエスさまの贖いを通して神さまのもとへ行く(信じる)事ができるのです(ヨハネ14の6)。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール210関連ページ

御言葉メール250
御言葉メール250 2007年1月17日 わたしは注意して聞いたが、彼らは正しくないことを語り、「私はなんとい […]
御言葉メール249
御言葉メール249 2007年1月13日 「しかし私には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするも […]
御言葉メール248
御言葉メール248 2007年1月10日 「私は罪を犯さなかった。」と言うから、今、わたしはあなたをさばく。( […]
御言葉メール247
御言葉メール247 2007年1月6日 「敬虔には兄弟愛を、兄弟愛には愛を加えなさい。」(2ペテロ1の7) ペ […]
御言葉メール246
御言葉メール246 2007年1月3日 「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは […]
御言葉メール245
御言葉メール245 2006年12月31日 「わたしが目を留める者は、へりくだって心砕かれ、わたしのことばにお […]
御言葉メール244
御言葉メール244 2006年12月27日 「あなたがたも祈りによって、私たちを助けて協力してくださるでしょう […]
御言葉メール243
御言葉メール243 2006年12月23日 「見よ。やみが地をおおい、暗やみが諸国の民をおおっている。しかし、 […]
御言葉メール242
御言葉メール242 2006年12月20日 「キリストは、神の御姿であられる方なのに、神のあり方を捨てることが […]
御言葉メール241
御言葉メール241 2006年12月16日 「もしも主に仕えることがあなたがたの気に入らないなら、川の向こうに […]