金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

201~250

御言葉メール219

投稿日:

御言葉メール219
2006年9月27日
「ああ。私は、もうだめだ。私はくちびるの汚れた者で、くちびるの汚れた民の間に住んでいる。しかも万軍の主である王を、この目で見たのだから。」(イザヤ6の5)
キリスト者は、自分がどの様にしてキリストを信じてきたか、又信じて歩む中で神様をどの様に知ってきたかを、お互いに又集会の中で話します。私はそういう証を聞く時、その人達の生活を通して語られる言葉に感動を覚えます。
その言葉は、自分の考えや判断の正しさ、人の間違いを指摘するものではなく、自分の過ち、悪い者である事を率直に認める。又自分の努力で事が成ってきたのではなく、今の自分が在るのはただ主の導きであるとの告白です。意識しないうちに自分を誇り人をけなす思いになる私は、フト上記のイザヤのことばを覚えました。イザヤは聖なる神を見た時、自分と民族の汚れそして自分が汚れたくちびるを持つものである事を圧倒的な輝きの中で知らされます。
私達は人の悪い点は言うことができても自分の悪いところには口をつぐむ汚れた者です。そのような者が人の前で自分の罪を告白できるのは、イザヤも私達も神の聖さに比べて自分の卑しさに目が開かれるからでしょう。

カテゴリー

-201~250

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.