金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

201~250

御言葉メール217

投稿日:

御言葉メール217
2006年9月16日
「砕かれた、悔いた心。神よ。あなたは、それをさげすまれません。」(詩51の17)
「メンツが立たない」という言葉がありますが、このメンツが私達の成長を妨げる場合があります。メンツというのは、他の人から見れば「何で!」と呆れてしまう事、または愚かに思われる事かもしれません。しかし、本人にとっては決して軽い事では無いのです。
してみるとこのメンツは、「自己充足欲求」の事で、単なる自己満足の世界の事なのです。典型的なのがサウル王です。彼は、「私は主のことばを守りました。」と誇りました。しかし、サムエルに「では、私の耳にはいるあの羊の声・・・牛の声は、いったい何ですか。」と、その不従順を問い詰められると「主のためです」と言い訳をしました。
すぐばれるような嘘をつき、嘘がばれると言い訳をします。それでも受け入れられないと彼は、今度はサムエルに哀願します。それは、王として民に対してのメンツを保ちたかったからです。その様にして彼は、神に悔い改めて、立ち返る機会を失ったのです。それは、全てを知られる贖い主よりも、人心さえ掴めば全てうまくと思ったからです。しかし彼は、全てのものを失いました

カテゴリー

-201~250

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.