金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

201~250

御言葉メール216

投稿日:

御言葉メール216
2006年9月13日
「あなたは弱っている者のとりで、貧しい者の悩みのときのとりで、あらしのときの避け所、暑さを避ける陰となられたからです。」(イザヤ25の4)
ある方が、「今日は人の事や子どもの声、いろいろな音が気になるので、自分の状態が悪いかもしれません」と、言われました。自分の弱さ、自分の状態をよく知っている人の言葉だなあと感嘆しました。
普段は何も感じないで過ごせる人の言葉、態度、様々な音が何か気になってしまうーよくある事です。この時、自分の状態に問題があるなと気づかないなら、他者に問題があると思うばかりで、人を批判し責める思いと行動しかとれないのが人間です。しかしどんな時にも、神が自分の前に立ちはだかって必ず守ってくださると信じる時、自分の弱さ、つらさ、しんどさを認める力を与えられます。
神様は自分がどんな状態にあっても、とりでであり避け所であり暑さの時の陰となってくださることを知るからです。その時、弱くつらい状態の中でも、実はすでにその真っ只中に、神の支えと助けがあることに気づくでしょう。私達が気づいても気づかなくても神は、私達をぐるっと取り囲んで守られる力強い、とりでです。

カテゴリー

-201~250

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.