御言葉メール225

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール225
2006年10月21日
「主よ。あなたがもし、不義に目を留められるなら、主よ、だれが御前に立ちえましょう。しかし、あなたが赦してくださるからこそあなたは人に恐れられます。」(詩130の3〜4)
私の神さま理解が、普通の日本人的ものならば、神が自分の全てを知っているので、いつバチがあたるかと恐れることでしょう。
ましてや私自身、神さまの前に出ることなどとても恐ろしくてできません。アダムとエバのように神から身を隠せるものなら隠したいと思うでしょう。しかし私が、どこに隠れても神の目から逃れることはできないでしょう。すぐ罰を与えるだけの神ならば、信じたくありません。そこで人は、自分の罪を認めないのです。しかし私が、聖書の神を恐れるのは、そのような異教の神々を恐れるのとは全く違います。
何故なら私の信じる神は、罪を赦す神だからです。このような神は、人の想像を超えた憐みと恵みに富んだお方です。この神こそ、他に追従を許さない偉大なお方です。この神こそ恐れられるべき神です。私は、このような神の前だから、自分の罪を素直に認めることができます。そして不思議ですが、自分の罪を認める事が出来た私は実は平安なのです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール225関連ページ

御言葉メール250
御言葉メール250 2007年1月17日 わたしは注意して聞いたが、彼らは正しくないことを語り、「私はなんとい […]
御言葉メール249
御言葉メール249 2007年1月13日 「しかし私には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするも […]
御言葉メール248
御言葉メール248 2007年1月10日 「私は罪を犯さなかった。」と言うから、今、わたしはあなたをさばく。( […]
御言葉メール247
御言葉メール247 2007年1月6日 「敬虔には兄弟愛を、兄弟愛には愛を加えなさい。」(2ペテロ1の7) ペ […]
御言葉メール246
御言葉メール246 2007年1月3日 「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは […]
御言葉メール245
御言葉メール245 2006年12月31日 「わたしが目を留める者は、へりくだって心砕かれ、わたしのことばにお […]
御言葉メール244
御言葉メール244 2006年12月27日 「あなたがたも祈りによって、私たちを助けて協力してくださるでしょう […]
御言葉メール243
御言葉メール243 2006年12月23日 「見よ。やみが地をおおい、暗やみが諸国の民をおおっている。しかし、 […]
御言葉メール242
御言葉メール242 2006年12月20日 「キリストは、神の御姿であられる方なのに、神のあり方を捨てることが […]
御言葉メール241
御言葉メール241 2006年12月16日 「もしも主に仕えることがあなたがたの気に入らないなら、川の向こうに […]