御言葉メール223

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール223
2006年10月14日
「自分の分を取って帰りなさい。ただ私としては、この最後の人にも、あなたと同じだけ上げたいのです。」(マタイ20の14)
この聖句は、ぶどう園で雇われた人の例え話の中の言葉です。雇い主は、朝早くから10時間近くも働く人と1デナリの約束をしました。しかしいよいよ賃金が支払われた時には、昼頃から雇われた人、午後3時頃雇われた人、又夕方5時頃雇われ一時間しか働けなかった人にも、みな同じ1デナリが支払われたのです。
そこで早朝から働いていた人が不平を言います。実際、このような取り扱いは、この世の中では通用しません。後からの人と賃金において差があってしかるべきです。それが当然なことです。そこで不公平だという主人に対する非難が起こります。しかし、1デナリの約束は果たされています。
誰も不平は言えません。当時のパリサイ人、律法学者たちは、自分たちと他の人々と比較して、自分達の方が優れているので神に近いと常に思っていました。しかしイエスは、上記のように例えで答えます。天国に入れられる主の恵みは、その人の功績や働きによりません。私たちこそは、全ての働きを恵みに対する感謝によってしたいものです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール223関連ページ

御言葉メール250
御言葉メール250 2007年1月17日 わたしは注意して聞いたが、彼らは正しくないことを語り、「私はなんとい […]
御言葉メール249
御言葉メール249 2007年1月13日 「しかし私には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするも […]
御言葉メール248
御言葉メール248 2007年1月10日 「私は罪を犯さなかった。」と言うから、今、わたしはあなたをさばく。( […]
御言葉メール247
御言葉メール247 2007年1月6日 「敬虔には兄弟愛を、兄弟愛には愛を加えなさい。」(2ペテロ1の7) ペ […]
御言葉メール246
御言葉メール246 2007年1月3日 「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは […]
御言葉メール245
御言葉メール245 2006年12月31日 「わたしが目を留める者は、へりくだって心砕かれ、わたしのことばにお […]
御言葉メール244
御言葉メール244 2006年12月27日 「あなたがたも祈りによって、私たちを助けて協力してくださるでしょう […]
御言葉メール243
御言葉メール243 2006年12月23日 「見よ。やみが地をおおい、暗やみが諸国の民をおおっている。しかし、 […]
御言葉メール242
御言葉メール242 2006年12月20日 「キリストは、神の御姿であられる方なのに、神のあり方を捨てることが […]
御言葉メール241
御言葉メール241 2006年12月16日 「もしも主に仕えることがあなたがたの気に入らないなら、川の向こうに […]