金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

201~250

御言葉メール223

投稿日:

御言葉メール223
2006年10月14日
「自分の分を取って帰りなさい。ただ私としては、この最後の人にも、あなたと同じだけ上げたいのです。」(マタイ20の14)
この聖句は、ぶどう園で雇われた人の例え話の中の言葉です。雇い主は、朝早くから10時間近くも働く人と1デナリの約束をしました。しかしいよいよ賃金が支払われた時には、昼頃から雇われた人、午後3時頃雇われた人、又夕方5時頃雇われ一時間しか働けなかった人にも、みな同じ1デナリが支払われたのです。
そこで早朝から働いていた人が不平を言います。実際、このような取り扱いは、この世の中では通用しません。後からの人と賃金において差があってしかるべきです。それが当然なことです。そこで不公平だという主人に対する非難が起こります。しかし、1デナリの約束は果たされています。
誰も不平は言えません。当時のパリサイ人、律法学者たちは、自分たちと他の人々と比較して、自分達の方が優れているので神に近いと常に思っていました。しかしイエスは、上記のように例えで答えます。天国に入れられる主の恵みは、その人の功績や働きによりません。私たちこそは、全ての働きを恵みに対する感謝によってしたいものです。

カテゴリー

-201~250

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.