御言葉メール234

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール234
2006年11月22日
[彼は、私たちのそむきの罪のために刺し通され、私たちの咎のために砕かれた。彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、彼の打ち傷によって、私たちはいやされた。私たちはみな、羊のようにさまよい、おのおの、自分かってな道に向かって行った。しかし、主は、わたしたちのすべての咎を彼に負わせた。]イザヤ53の5,6
ナザレの大工の息子イエスは神であったか、この問いは時代を超えて論争されているところです。それに対しては聖書全体の中から多くの論証が成されています。私自身はこのイザヤ書53章のメシア預言と呼ばれる、イエスの姿の中に人間には絶対不可能な、救い主としての姿を見るのです。人間を造られた神でなければ、自分勝手な人間のために、自分を犠牲にして平安を与え、罪の罰から救おうなどとは思わないでしょう。
しかもこのメシアの姿は、人間がこんな状態にだけはなりたくない、と思われる究極のみじめさと恥ずかしさの中にあります。天地万物の創造者にして権威ある神は、罪ある人間の救いのために、人間のしもべになることもできる方なのです。人間にはできない神の愛の業、これが私に平安をもたらしました。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール234関連ページ

御言葉メール250
御言葉メール250 2007年1月17日 わたしは注意して聞いたが、彼らは正しくないことを語り、「私はなんとい […]
御言葉メール249
御言葉メール249 2007年1月13日 「しかし私には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするも […]
御言葉メール248
御言葉メール248 2007年1月10日 「私は罪を犯さなかった。」と言うから、今、わたしはあなたをさばく。( […]
御言葉メール247
御言葉メール247 2007年1月6日 「敬虔には兄弟愛を、兄弟愛には愛を加えなさい。」(2ペテロ1の7) ペ […]
御言葉メール246
御言葉メール246 2007年1月3日 「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは […]
御言葉メール245
御言葉メール245 2006年12月31日 「わたしが目を留める者は、へりくだって心砕かれ、わたしのことばにお […]
御言葉メール244
御言葉メール244 2006年12月27日 「あなたがたも祈りによって、私たちを助けて協力してくださるでしょう […]
御言葉メール243
御言葉メール243 2006年12月23日 「見よ。やみが地をおおい、暗やみが諸国の民をおおっている。しかし、 […]
御言葉メール242
御言葉メール242 2006年12月20日 「キリストは、神の御姿であられる方なのに、神のあり方を捨てることが […]
御言葉メール241
御言葉メール241 2006年12月16日 「もしも主に仕えることがあなたがたの気に入らないなら、川の向こうに […]