御言葉メール237

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール237
2006年12月2日(土)
「ご自身で、しみや、しわや、そのようなものの何一つない、聖く傷のないものとなった栄光の教会を、ご自分の前に立たせるためです。」(エペソ5の27)
神との交わりが何か物足りなく感じたり、空しく感じたりしておりませんか。ある人は、不平不満が心を支配しているからかもしれません。又ある人は、もっと別のことに強い関心があるからかもしれません。
それらを含めて、私たちが二心を持ち、きよくないからではないでしょうか。私たちを救いに召してくださった神は、聖なる方です。ですから、ご自身との交わりと一致に招かれた方は、私たちがきよくあることを願われているのです。確かに私たちは、キリストにあって聖潔な者と神に見てもらえます。しかし、私たちが自身が清いのではなく、私たちの内におられるキリストが私のきよさなのです。
ですから、私たち自身がその内なる人に相応しくあることを願わなければ、神との交わりを喜ぶことはできないというのです。心と行動において聖潔であろうとする決断が大切だとパウロは言うのです。だから、互いに聖潔を求めましょう。その決断は、きっと私たちの心を楽しくし、楽しませ、力となる事でしょう。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール237関連ページ

御言葉メール250
御言葉メール250 2007年1月17日 わたしは注意して聞いたが、彼らは正しくないことを語り、「私はなんとい […]
御言葉メール249
御言葉メール249 2007年1月13日 「しかし私には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするも […]
御言葉メール248
御言葉メール248 2007年1月10日 「私は罪を犯さなかった。」と言うから、今、わたしはあなたをさばく。( […]
御言葉メール247
御言葉メール247 2007年1月6日 「敬虔には兄弟愛を、兄弟愛には愛を加えなさい。」(2ペテロ1の7) ペ […]
御言葉メール246
御言葉メール246 2007年1月3日 「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは […]
御言葉メール245
御言葉メール245 2006年12月31日 「わたしが目を留める者は、へりくだって心砕かれ、わたしのことばにお […]
御言葉メール244
御言葉メール244 2006年12月27日 「あなたがたも祈りによって、私たちを助けて協力してくださるでしょう […]
御言葉メール243
御言葉メール243 2006年12月23日 「見よ。やみが地をおおい、暗やみが諸国の民をおおっている。しかし、 […]
御言葉メール242
御言葉メール242 2006年12月20日 「キリストは、神の御姿であられる方なのに、神のあり方を捨てることが […]
御言葉メール241
御言葉メール241 2006年12月16日 「もしも主に仕えることがあなたがたの気に入らないなら、川の向こうに […]