御言葉メール249

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール249
2007年1月13日
「しかし私には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするものが決してあってはなりません。この十字架によって、世界は私に対して十字架につけられ、私も世界に対して十字架につけられたのです。」(ガラテヤ6の14)
パウロは、信仰者にとって最も大事な事はキリストの十字架だけだと言います。川島先生が「かいたく」誌の中で、この世に対して絶望していなければ、宣教の働きはできないと書いておられました。
本当にそのとおりだと思います。同時に世に対して絶望するとは、本当に分かりにくい事、それ以上に納得し難い事とですね。本当に分かりにくい事、それ以上に納得し難い事とです。ましてやこの十字架によって、この世は自分に対して死に、わたしもこの世に対して死んだと言い切ることは更に困難です。パウロも私もこの世に住んでいます。
しかしパウロにとってこの世が与える喜びは、真の喜びとはならなくなったというのです。そういえば逆に異端者は、少しでも自分の優位を主張して誇ります。では私たちは、キリストを誇りとしているでしょうか。とにかく静まって自己吟味の為の黙想が必要です。そして、キリストの贖いによる赦しによって支えられている自分を確かめましょう。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール249関連ページ

御言葉メール250
御言葉メール250 2007年1月17日 わたしは注意して聞いたが、彼らは正しくないことを語り、「私はなんとい […]
御言葉メール248
御言葉メール248 2007年1月10日 「私は罪を犯さなかった。」と言うから、今、わたしはあなたをさばく。( […]
御言葉メール247
御言葉メール247 2007年1月6日 「敬虔には兄弟愛を、兄弟愛には愛を加えなさい。」(2ペテロ1の7) ペ […]
御言葉メール246
御言葉メール246 2007年1月3日 「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは […]
御言葉メール245
御言葉メール245 2006年12月31日 「わたしが目を留める者は、へりくだって心砕かれ、わたしのことばにお […]
御言葉メール244
御言葉メール244 2006年12月27日 「あなたがたも祈りによって、私たちを助けて協力してくださるでしょう […]
御言葉メール243
御言葉メール243 2006年12月23日 「見よ。やみが地をおおい、暗やみが諸国の民をおおっている。しかし、 […]
御言葉メール242
御言葉メール242 2006年12月20日 「キリストは、神の御姿であられる方なのに、神のあり方を捨てることが […]
御言葉メール241
御言葉メール241 2006年12月16日 「もしも主に仕えることがあなたがたの気に入らないなら、川の向こうに […]
御言葉メール240
御言葉メール240 2006年12月13日 主に帰れ。そうすれば、主はあわれんでくださる。私たちの神に帰れ。豊 […]