御言葉メール254

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール254
2007年1月31日
「私たちの咎が、私たちに不利な証言をしても、主よ、あなたの御名のために事をなしてください。」(エレミヤ14の7)
神様にどの様に祈ったらよいかーこれは、イエスキリストという神だけを信じる生活を始めて、日常的に神様に祈る事の大切さを教えられる時、ハタと困惑する問いです。苦しい時、やみくもに何かに誰かにすがる「苦しい時の神頼み」とは違い、神様がどのような方かが少しずつわかってくるにつれて、こんな事を祈ってよいのだろうか、とか、これは神様の御心ではないのではないか、と考えるとなかなか祈れなくなるという事があります。
実は聖書は、そういうキリスト者が神に向かう時の祈りのサンプルでもあります。冒頭の聖句は、エレミヤという人の祈りです。これは、自分や同胞がどんなに悪く、罪を犯していてもその罪によってあしらわないで欲しい、即ち裁かないで欲しいという祈りです。何と自分勝手な図々しい祈りだと思われるでしょう。しかしエレミヤがこのように祈れるのは、神様は罪を赦す方であると信じ確信していたからです。その様な神様のご性質を信頼する時にでる祈りは、結果如何に関わらずゆだねる平安が伴う事でしょう。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール254関連ページ

御言葉メール300
御言葉メール300 2007年7月11日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなた […]
御言葉メール299
御言葉メール299 2007年7月7日 「私たちの齢は70年。健やかであっても80年。しかも、その誇りとすると […]
御言葉メール298
御言葉メール298 2007年7月4日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなたが […]
御言葉メール297
御言葉メール297 2007年6月30日 「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(ローマ3章18節) 私 […]
御言葉メール296
御言葉メール296 2007年6月27日 「主の前に静まり、耐え忍んで主を待て。おのれの道の栄える者に対して、 […]
御言葉メール295
御言葉メール295 2007年6月23日 「彼は望みえないときに望みを抱いて信じました。」(ローマ4の18) […]
御言葉メール294
御言葉メール294 007年6月20日 「しかし私には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするもの […]
御言葉メール293
御言葉メール293 2007年6月16日 「わたしを呼べ。そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない […]
御言葉メール292
御言葉メール292 2007年6月13日 「私たち力のある者は、力のない人たちの弱さをになうべきです。自分を喜 […]
御言葉メール291
御言葉メール291 2007年6月9日 「神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。」(ロ […]