御言葉メール258

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール258
2007年2月14日
「私はあなたのみことばを見つけ出し、それを食べました。あなたのみことばは、私にとって楽しみとなり、心の喜びとなりました。」(エレミヤ15の16)
私の母教会のある特伝の時、講師は故杉浦先生でした。先生のメッセージが終わった時、牧師が突然に「私はまだまだ先生のお話を聞きたい、皆さんはどうですか」との問いかけに、会衆のアーメンの声と共に、戸惑いながらもうれしそうに、杉浦先生が再度、講壇に立たれた事を思い出します。
この聖書の言葉をずっと聞いていたい、みことばを聴いて、はちきれんばかりの恵みを覚える時、時間や後の予定以上に大切なものとして心に迫ってくるのでしょう。私はその牧師の姿勢に、キリスト教会はみことばを聴きたくてたまらない人によって導かれるのだ、と勝手に納得しました。過去の信仰覚醒といわれるリバイバルを見ると、常軌を逸した、みことばに対する飢え乾く思いを持った人が必ずいます。
みことばを見出しそれを食物としなければ生きれない、と告白する人達です。私自身そういう恵みに預かりたいと切に祈らされます。どうか私たちの楽しみと喜びのもとである、みことばを求める内的欲求に満たされます様に。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール258関連ページ

御言葉メール300
御言葉メール300 2007年7月11日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなた […]
御言葉メール299
御言葉メール299 2007年7月7日 「私たちの齢は70年。健やかであっても80年。しかも、その誇りとすると […]
御言葉メール298
御言葉メール298 2007年7月4日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなたが […]
御言葉メール297
御言葉メール297 2007年6月30日 「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(ローマ3章18節) 私 […]
御言葉メール296
御言葉メール296 2007年6月27日 「主の前に静まり、耐え忍んで主を待て。おのれの道の栄える者に対して、 […]
御言葉メール295
御言葉メール295 2007年6月23日 「彼は望みえないときに望みを抱いて信じました。」(ローマ4の18) […]
御言葉メール294
御言葉メール294 007年6月20日 「しかし私には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするもの […]
御言葉メール293
御言葉メール293 2007年6月16日 「わたしを呼べ。そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない […]
御言葉メール292
御言葉メール292 2007年6月13日 「私たち力のある者は、力のない人たちの弱さをになうべきです。自分を喜 […]
御言葉メール291
御言葉メール291 2007年6月9日 「神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。」(ロ […]