御言葉メール256

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール256
2007年2月7日
「また、安息日に荷物を家から出すな。何の仕事もするな。わたしがあなたがたの先祖に命じたとおりに安息日をきよく保て。」(エレミヤ17の22)
ある方が知人の言葉を驚きながら話してくれました。「相手を責め、自分を少しでも優位に立たせることによって安心できる」「相手の弱点を知りたい」・・その様に考えて自分ともつきあっていたのか、と考えてしまうと心も寒くなります。しかしこのように意識的に考えていなくても、結果的には大なり小なりそのような生き方をしてしまっていることが、私達はあるのではないでしょうか。
自分勝手な人と人との関わりは葛藤や摩擦が大きいので、上記の人も自分の経験から出た対処だったのでしょう。しかし一週間そうして過ごす事は疲れます。その様な中で、ただ神のことだけを考える一日がある事は恵みです。六日間、対人関係の疲れを持ちながらも、とりあえずそれを横に置いて、神様だけに心を向けようとする一日。「何の仕事もするな」と、日常の関わりを禁止されているのは、窮屈や義務というより、日常からの開放です。その時、自分の優位さで安心しなくても、支えて下さる神様を覚える平安に気づくでしょう。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール256関連ページ

御言葉メール300
御言葉メール300 2007年7月11日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなた […]
御言葉メール299
御言葉メール299 2007年7月7日 「私たちの齢は70年。健やかであっても80年。しかも、その誇りとすると […]
御言葉メール298
御言葉メール298 2007年7月4日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなたが […]
御言葉メール297
御言葉メール297 2007年6月30日 「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(ローマ3章18節) 私 […]
御言葉メール296
御言葉メール296 2007年6月27日 「主の前に静まり、耐え忍んで主を待て。おのれの道の栄える者に対して、 […]
御言葉メール295
御言葉メール295 2007年6月23日 「彼は望みえないときに望みを抱いて信じました。」(ローマ4の18) […]
御言葉メール294
御言葉メール294 007年6月20日 「しかし私には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするもの […]
御言葉メール293
御言葉メール293 2007年6月16日 「わたしを呼べ。そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない […]
御言葉メール292
御言葉メール292 2007年6月13日 「私たち力のある者は、力のない人たちの弱さをになうべきです。自分を喜 […]
御言葉メール291
御言葉メール291 2007年6月9日 「神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。」(ロ […]