御言葉メール271

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール271
2007年3月31日
「何も思い煩わないで、あらゆるばあいに、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。」(ピリピ4の6)
私たちは、自分に自信がなくなったり、本当はとても臆病だと感じた時、自分の有能さと勇気あるところを見せようとします。その場合、私たちは自分の隣り人を思いやるゆとりを全く失います。その時は、たとえ正しい事を語っていても、いつの間にか自己弁護に終始してしまいます。自分の正しさ、優秀さを認めさせる事を目的としているため、自分の大変さ、いかに努力し、貢献しているかをまくし立てます。
時には、相手の過ちや欠点を攻撃します。その交わりは、闘争の場となり、自分も人も傷つけてしまうのです。どうして、そうなってしまうのでしょうか。人から疎外される恐れです。パウロは、私たちのうちに神からの平安がないからだといいます。神は、そんなあなたの全てを知っておられます。だから、自分の思いの全てを神に知って頂く事だと勧めます。そこに条件は、いっさいありません。祈って何の意味があるのか、効果がなかったらどうしようか、などと思い煩わないで祈れというのです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール271関連ページ

御言葉メール300
御言葉メール300 2007年7月11日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなた […]
御言葉メール299
御言葉メール299 2007年7月7日 「私たちの齢は70年。健やかであっても80年。しかも、その誇りとすると […]
御言葉メール298
御言葉メール298 2007年7月4日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなたが […]
御言葉メール297
御言葉メール297 2007年6月30日 「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(ローマ3章18節) 私 […]
御言葉メール296
御言葉メール296 2007年6月27日 「主の前に静まり、耐え忍んで主を待て。おのれの道の栄える者に対して、 […]
御言葉メール295
御言葉メール295 2007年6月23日 「彼は望みえないときに望みを抱いて信じました。」(ローマ4の18) […]
御言葉メール294
御言葉メール294 007年6月20日 「しかし私には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするもの […]
御言葉メール293
御言葉メール293 2007年6月16日 「わたしを呼べ。そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない […]
御言葉メール292
御言葉メール292 2007年6月13日 「私たち力のある者は、力のない人たちの弱さをになうべきです。自分を喜 […]
御言葉メール291
御言葉メール291 2007年6月9日 「神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。」(ロ […]