御言葉メール269

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール269
2007年3月24日
「柔和な者は幸いです。その人は地を相続するからです。」(マタイ5の5)
このイエスの教えは、対人関係においていつも願う姿です。しかし正直に言いますと、これが本当に難しいのです。また、先にこのように告白してしまう方が、私にとって楽なのです。何故ならば、他の人から私について「あなたは、柔和な人ではない」と指摘されると、それを認める事が、自分から認めて告白するよりはるかに難しいからです。私の中には、本能的に他者から罪を指摘される事に反発する心があるのです。これでは、柔和とは程遠いといわざるを得ないでしょう。
私には、その指摘を受ける勇気がないのです。その様にして、自分が臆病である事を隠そうとします。しかし、それが臆病の特徴だとも言われます。このように柔和さとは、人との関係の中で露わになります。本当に「地を受け継ぐ」柔和な者とは、先ず「心の貧しい者」「悲しむ者」である事を教えられます。この世にあっては、自分もこの世も本当には頼りならないと絶望していなければなりません。争いの種は、ここにあります。ですからこの神以外の世と自分という三股かけたクリスチャン生活に平和がないのではないでしょうか。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール269関連ページ

御言葉メール300
御言葉メール300 2007年7月11日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなた […]
御言葉メール299
御言葉メール299 2007年7月7日 「私たちの齢は70年。健やかであっても80年。しかも、その誇りとすると […]
御言葉メール298
御言葉メール298 2007年7月4日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなたが […]
御言葉メール297
御言葉メール297 2007年6月30日 「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(ローマ3章18節) 私 […]
御言葉メール296
御言葉メール296 2007年6月27日 「主の前に静まり、耐え忍んで主を待て。おのれの道の栄える者に対して、 […]
御言葉メール295
御言葉メール295 2007年6月23日 「彼は望みえないときに望みを抱いて信じました。」(ローマ4の18) […]
御言葉メール294
御言葉メール294 007年6月20日 「しかし私には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするもの […]
御言葉メール293
御言葉メール293 2007年6月16日 「わたしを呼べ。そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない […]
御言葉メール292
御言葉メール292 2007年6月13日 「私たち力のある者は、力のない人たちの弱さをになうべきです。自分を喜 […]
御言葉メール291
御言葉メール291 2007年6月9日 「神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。」(ロ […]