御言葉メール268

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール268
2007年3月21日
「苦しみに会ったことは、私にとってしあわせでした。私はそれであなたのおきてを学びました。」(詩篇119の71)
「あいだみつお」という詩人の詩の紹介がラジオで流れていました。柔道の受身というのは、負けるための練習だというのです。投げられた時の起き方を先ず知って、次に移るのだと。そこから、今の教育は成功する事だけを教えて、失敗した時の立ち上がる術を教えない、と話されていました。それを聞きながら、私自身もそうだった、と改めて痛みの中で思い返しました。失敗しない、間違わない、病気よりも健康である事を願って子育てをしてきてしまいました。
しかし考えてみれば、罪を持つ私達の人生は失敗や間違い、病気がない事などあり得ないのです。今になって私が教えられる事は、間違いや失敗などの思うようにならない時こそ、謝る事や、初めからもう一度やる忍耐などの力が育つ時なのだという事です。詩篇の記者は、苦しみに会ったことは幸せだったと証しします。人間にとって一番大切な神様を知る事が、楽しい時よりも苦しい時にできたのです。多くの失敗の中で、教え導かれる神様がおられます。倒れても必ず起こして下さる神様です。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール268関連ページ

御言葉メール300
御言葉メール300 2007年7月11日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなた […]
御言葉メール299
御言葉メール299 2007年7月7日 「私たちの齢は70年。健やかであっても80年。しかも、その誇りとすると […]
御言葉メール298
御言葉メール298 2007年7月4日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなたが […]
御言葉メール297
御言葉メール297 2007年6月30日 「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(ローマ3章18節) 私 […]
御言葉メール296
御言葉メール296 2007年6月27日 「主の前に静まり、耐え忍んで主を待て。おのれの道の栄える者に対して、 […]
御言葉メール295
御言葉メール295 2007年6月23日 「彼は望みえないときに望みを抱いて信じました。」(ローマ4の18) […]
御言葉メール294
御言葉メール294 007年6月20日 「しかし私には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするもの […]
御言葉メール293
御言葉メール293 2007年6月16日 「わたしを呼べ。そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない […]
御言葉メール292
御言葉メール292 2007年6月13日 「私たち力のある者は、力のない人たちの弱さをになうべきです。自分を喜 […]
御言葉メール291
御言葉メール291 2007年6月9日 「神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。」(ロ […]