金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

251〜300

御言葉メール266

投稿日:

御言葉メール266
2007年3月14日
先日、中部北陸の牧師会にて、浜谷師(瀬戸)より教育基本法改正に伴うクリスチャン生活について学び、本質を見ることの大切さを確認しました。もし私たちが、神を第一とすることより、周囲の評判を最優先するならば、世間様が大切になり、自分をいつも周囲と比較しながら、傲慢と卑屈の間で苦しみます。本当に大切なものを見失うと方向が分からなくなるのです。その例をこの教育基本法改正論議に見たのです。改正要因は、青少年の凶悪犯罪の多発化です。それを理由に国の言うことを聞く国民を願う人達は、戦後教育の憲法といわれた「教育基本法」改正を唱えたのです。
しかし教育基本法(現在は旧教育基本法)は、日本国憲法の精神に沿ったもので、生命の尊厳と平和と自由を高らかに謳います。ですから犯罪の多発は、教育基本法の精神に基づいた教育行政を怠り、経済成長重視の拝金主義なのです。教育基本法の問題ではないのです。私たちは、同じ態度を神に対して取ってはなりません。一部のキリスト教界の誤り(経済優先主義)をもって聖書を軽視してはなりません。聖書否定ではなく、聖書を軽んじ神を第一にしない罪こそ、悔い改めるべきなのです。

カテゴリー

-251〜300

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.