御言葉メール263

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール263
2007年3月3日
(サタンは主に答えて言った。「・・・しかし、今あなたの手を伸べ、彼の骨と肉とを打ってください。彼はきっと、あなたをのろうに違いありません。」)(ヨブ2の4〜5)
苦しみや悲しみが、時には私たちを神に向かわせます。多くの信仰者が経験しているところです。しかしここで、サタンは全く逆のことを言ったのです。ヨブが神に忠実な信仰生活を送れるのは、豊かに全てのものが満たされていて、苦しみが無いからだというのです。だからヨブからいのち以外の全ての物を奪ったならば、きっと神を呪うに違いないというのです。
今日私たちを襲う不信仰は、ヨブとは逆の場合でも起こります。つまり全てが与えられ、豊かさの中にある時「神を信頼しなくてもやっていける、幸せになれる、神は必要ない」というのです。実に、神に対する信仰は、豊かさによっても、貧しさ、悲しみ、苦しみによっても与えられたり、養われたりする条件とはならないのです。あなたは、信仰の種(条件)を自分の周りや自分の心の中にあると思っていないでしょうか。全く違うようです。私たちの信仰の基盤としてあるのは、イエスが罪人の私を愛し、十字架で死なれた事だけなのです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール263関連ページ

御言葉メール300
御言葉メール300 2007年7月11日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなた […]
御言葉メール299
御言葉メール299 2007年7月7日 「私たちの齢は70年。健やかであっても80年。しかも、その誇りとすると […]
御言葉メール298
御言葉メール298 2007年7月4日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなたが […]
御言葉メール297
御言葉メール297 2007年6月30日 「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(ローマ3章18節) 私 […]
御言葉メール296
御言葉メール296 2007年6月27日 「主の前に静まり、耐え忍んで主を待て。おのれの道の栄える者に対して、 […]
御言葉メール295
御言葉メール295 2007年6月23日 「彼は望みえないときに望みを抱いて信じました。」(ローマ4の18) […]
御言葉メール294
御言葉メール294 007年6月20日 「しかし私には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするもの […]
御言葉メール293
御言葉メール293 2007年6月16日 「わたしを呼べ。そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない […]
御言葉メール292
御言葉メール292 2007年6月13日 「私たち力のある者は、力のない人たちの弱さをになうべきです。自分を喜 […]
御言葉メール291
御言葉メール291 2007年6月9日 「神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。」(ロ […]