御言葉メール272

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール272
2007年4月4日
「神はこのように、人をご自身のかたちに創造された。」(創世記1の27)
最近私は、この聖句について考えさせられる機会が多い。この聖句は、まず人が神の被造物であり神ではないと教えている。それなのに人は、愚かにも何でも出来ると思い込み、ふんぞり返って今にも倒れそうになっている。次に人は、自分を輝かせるのではなく(光源を内には持たない)、神の光を反射させる時に存在価値があると教える。では、人が神の光を反射させて輝くとはどのようなことか。全く逆の例として、20世紀前半に台頭したヒットラーを見る。
彼は、障害者(ユダヤ人も)は生きる価値がない、生きるに値する者とは優れた能力を持っている者とした。彼のように能力(功利主義)で、人間を評価する価値観は、ヒットラーを賛辞するものであり、罪そのものである。そして怖いのは、私たちの周り(学校で会社で、そして家庭においてさえ)にその考えが蔓延して、他者との競争に追い立てているという現実である。更に、もっとも恐ろしいのは、教会がこの誤りに気づかずにいることである。イエス様は、むしろ盲人のバルテマイや小さな子供を御もとに引き寄せた。これが神様の価値観である

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール272関連ページ

御言葉メール300
御言葉メール300 2007年7月11日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなた […]
御言葉メール299
御言葉メール299 2007年7月7日 「私たちの齢は70年。健やかであっても80年。しかも、その誇りとすると […]
御言葉メール298
御言葉メール298 2007年7月4日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなたが […]
御言葉メール297
御言葉メール297 2007年6月30日 「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(ローマ3章18節) 私 […]
御言葉メール296
御言葉メール296 2007年6月27日 「主の前に静まり、耐え忍んで主を待て。おのれの道の栄える者に対して、 […]
御言葉メール295
御言葉メール295 2007年6月23日 「彼は望みえないときに望みを抱いて信じました。」(ローマ4の18) […]
御言葉メール294
御言葉メール294 007年6月20日 「しかし私には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするもの […]
御言葉メール293
御言葉メール293 2007年6月16日 「わたしを呼べ。そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない […]
御言葉メール292
御言葉メール292 2007年6月13日 「私たち力のある者は、力のない人たちの弱さをになうべきです。自分を喜 […]
御言葉メール291
御言葉メール291 2007年6月9日 「神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。」(ロ […]