御言葉メール284

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール284
2007年5月16日
「神は愛です。愛のうちにいる者は神のうちにおり、神もその人のうちにおられます。」(ヨハネ4の16B)
「他者との絆」を「愛着」とも言えるそうです。更にこの絆は、私たちの最も深く、最も基本的な霊的・感情的ニーズだそうです。神は、私を神の愛との関係に置いて下さっています。そしてその様な者として、神は私を造られました。
確かに私は、例外なく他者との関係の中に置かれ、その関わりの中で存在しています。だから、他者との関係が希薄になる事、壊れる事、疎遠になる事をとても恐れます。その恐れの余り、相手に関わって欲しいために、マイナス行動(嫌がらせ・傷つける・問題行動)をとってしまう事があります。そうして、更に関係を壊し、孤独になります。人は、実に母の胎に居る時から、神や他者との関係の中で、慰めや安全、所属感、自己の価値等を自覚し、存在感を確立して、安定していたのです。
ですから、霊的・信仰的な発達段階で傷を負った人の場合、正常な関係(信頼、依存等)である他者に頼る事に非常に困難を覚える様です。私が、神に対して愛着を持つ事は大切な事で、霊的力が湧かないのは、神の愛に執着しないからのようです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール284関連ページ

御言葉メール300
御言葉メール300 2007年7月11日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなた […]
御言葉メール299
御言葉メール299 2007年7月7日 「私たちの齢は70年。健やかであっても80年。しかも、その誇りとすると […]
御言葉メール298
御言葉メール298 2007年7月4日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなたが […]
御言葉メール297
御言葉メール297 2007年6月30日 「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(ローマ3章18節) 私 […]
御言葉メール296
御言葉メール296 2007年6月27日 「主の前に静まり、耐え忍んで主を待て。おのれの道の栄える者に対して、 […]
御言葉メール295
御言葉メール295 2007年6月23日 「彼は望みえないときに望みを抱いて信じました。」(ローマ4の18) […]
御言葉メール294
御言葉メール294 007年6月20日 「しかし私には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするもの […]
御言葉メール293
御言葉メール293 2007年6月16日 「わたしを呼べ。そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない […]
御言葉メール292
御言葉メール292 2007年6月13日 「私たち力のある者は、力のない人たちの弱さをになうべきです。自分を喜 […]
御言葉メール291
御言葉メール291 2007年6月9日 「神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。」(ロ […]