御言葉メール281

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール281
2007年5月5日
「あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。」(ロマ12の1)
この後の2節は、「献身」とを教える重要な箇所です。ここには、私たち自身を、神への生きた供え物として奉げるという事が勧めれられ、それが「霊的な礼拝」だと教えます。「礼拝」は、単なる儀式的な礼拝ではありません。
それは、12章全体が信仰者として如何に生きるべきかという事が述べられています。そして、この「霊的な礼拝」と訳された原意から見た礼拝は、「神の僕(奴隷)として働く」という日常生活の有り方が教えられています。続いて3節以下に、そのクリスチャンとしての生き方の数々がリストアップされています。リストアップされているこれらのことばを良く見ると、いずれも他者との関わり方を示していることばです。
従って「献身」という生き方は、自分自身を神に献げるという事ですが、同時にそれは他者との関わりの中にどう生きるかということを意味すのです。そこには、自分にとっての得損や気分に関係しないようです。ですから、まず「私が、私から、立場が」という自己中心は止めたものです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール281関連ページ

御言葉メール300
御言葉メール300 2007年7月11日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなた […]
御言葉メール299
御言葉メール299 2007年7月7日 「私たちの齢は70年。健やかであっても80年。しかも、その誇りとすると […]
御言葉メール298
御言葉メール298 2007年7月4日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなたが […]
御言葉メール297
御言葉メール297 2007年6月30日 「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(ローマ3章18節) 私 […]
御言葉メール296
御言葉メール296 2007年6月27日 「主の前に静まり、耐え忍んで主を待て。おのれの道の栄える者に対して、 […]
御言葉メール295
御言葉メール295 2007年6月23日 「彼は望みえないときに望みを抱いて信じました。」(ローマ4の18) […]
御言葉メール294
御言葉メール294 007年6月20日 「しかし私には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするもの […]
御言葉メール293
御言葉メール293 2007年6月16日 「わたしを呼べ。そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない […]
御言葉メール292
御言葉メール292 2007年6月13日 「私たち力のある者は、力のない人たちの弱さをになうべきです。自分を喜 […]
御言葉メール291
御言葉メール291 2007年6月9日 「神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。」(ロ […]