御言葉メール280

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール280
2007年5月2日
「神が御子を世に遣わされたのは、世をさばくためではなく、御子によって世が救われるためである。」(ヨハネ3の17)
私の一人の恩師故・杉浦先生は、「私は気でなく、心を使います。何の問題も有りません。」とのご返事を下さいます。この言葉にいつも教えられ慰められました。先生は、「ねばならない」ではなく「したいからする」という、律法からの解放を言われていました。クリスチャンの自由を思い出させてくれます。
しかしほとんどの人は、この「ねばならない」の下にいます。では、どうしたら「ねばならい」から「したい」に変わるでしょうか。イエス様は、決して苦しみの死を願っておられたわけではないでしょう。しかし自ら十字架に向かわれました。イエス様は、死ななければならなかったので、嫌でも仕方なく、十字架に付かれたのでしょうか。決してそうではないでしょう。
イエス様の何よりの願いは、私たちが救われ、神の子とされることでした。その時のイエス様の心は、もはや「ねばならない」ではありませんでした。それ故言える事は、人は何を求め、何を願うかによるということです。もし、自分の気が済むようになる事を願うならば「ねばならない」に陥ります。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール280関連ページ

御言葉メール300
御言葉メール300 2007年7月11日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなた […]
御言葉メール299
御言葉メール299 2007年7月7日 「私たちの齢は70年。健やかであっても80年。しかも、その誇りとすると […]
御言葉メール298
御言葉メール298 2007年7月4日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなたが […]
御言葉メール297
御言葉メール297 2007年6月30日 「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(ローマ3章18節) 私 […]
御言葉メール296
御言葉メール296 2007年6月27日 「主の前に静まり、耐え忍んで主を待て。おのれの道の栄える者に対して、 […]
御言葉メール295
御言葉メール295 2007年6月23日 「彼は望みえないときに望みを抱いて信じました。」(ローマ4の18) […]
御言葉メール294
御言葉メール294 007年6月20日 「しかし私には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするもの […]
御言葉メール293
御言葉メール293 2007年6月16日 「わたしを呼べ。そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない […]
御言葉メール292
御言葉メール292 2007年6月13日 「私たち力のある者は、力のない人たちの弱さをになうべきです。自分を喜 […]
御言葉メール291
御言葉メール291 2007年6月9日 「神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。」(ロ […]