金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

251〜300

御言葉メール297

投稿日:

御言葉メール297
2007年6月30日
「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(ローマ3章18節)
私が神様を信頼しながらも、神様を畏れないのは、神様の事がよくわからないためだと思います。勿論この恐れは、「たたり」とか「呪い」又、自分にとって都合の悪い事を起こす神だから恐れる、という事ではありません。造り主である父なる神への愛と尊敬を伴う恐れです。まことの神様を畏れないと人を恐れるようになります。
人はいつも見えているので、どうしても私達の関心は、周りの人たちの事になります。しかし、その環境を与えられ、そこに置かれたのは神様です。そこでの生活が、自分にとって嫌なこともうれしい事も、神様の導きを知る経験としていくならば、どんな悲惨と思われる状況でも、そこにおられる神様を知るでしょう。もともと自分中心で、神に対する恐れを持たない人間が、導かれ赦される神の愛に接して、初めて畏敬の心を抱く事ができる。
私はもっと、神様が自分に対してどのような方なのか知りたいと思います。見えないけれど、本当に私を導き、赦し助けてくださる神様を心から愛し、畏れる様にしてくださいますように。

カテゴリー

-251〜300

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.