御言葉メール295

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール295
2007年6月23日
「彼は望みえないときに望みを抱いて信じました。」(ローマ4の18)
「信仰とは何か」と自問する経験を、クリスチャン生涯の中で一度ならず、私達は持つのではないでしょうか。私などは、考えてみれば、ある時期からその問いの連続でした。ある時期というのは、「信仰者はこうでなくてはならない」と、意識無意識の内に考えていた事を、本当にそうなのかとメッセージや聖書の言葉を通して教えられた時です。
「こうあるべきだ」と考えていた時、信仰は自分の行いにかかっていました。たばこやお酒を飲まない、丈の長いスカート、品行方正、親切・・その様にするのがクリスチャンと考えていた時は、信仰を持つという事は、その様な行いをする人に自分がなる、という事を意味していました。しかし冒頭のみことばは、全く行いではない信仰を教えます。自分が何かをしたり、理想の人になるという、自分の側の問題ではない事。
全ては神様にかかっているという事。信仰は神様に期待し続ける働きです。人間の理性、感情、経験の全てが「もうダメだ」、「絶対不可能だ」と思う時、それでも神様を信じよう、信じさせてください、と今、私が祈れるのはこのみことばによります。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール295関連ページ

御言葉メール300
御言葉メール300 2007年7月11日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなた […]
御言葉メール299
御言葉メール299 2007年7月7日 「私たちの齢は70年。健やかであっても80年。しかも、その誇りとすると […]
御言葉メール298
御言葉メール298 2007年7月4日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなたが […]
御言葉メール297
御言葉メール297 2007年6月30日 「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(ローマ3章18節) 私 […]
御言葉メール296
御言葉メール296 2007年6月27日 「主の前に静まり、耐え忍んで主を待て。おのれの道の栄える者に対して、 […]
御言葉メール294
御言葉メール294 007年6月20日 「しかし私には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするもの […]
御言葉メール293
御言葉メール293 2007年6月16日 「わたしを呼べ。そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない […]
御言葉メール292
御言葉メール292 2007年6月13日 「私たち力のある者は、力のない人たちの弱さをになうべきです。自分を喜 […]
御言葉メール291
御言葉メール291 2007年6月9日 「神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。」(ロ […]
御言葉メール290
御言葉メール290 2007年6月6日 「また、なぜあなたは、兄弟の目の中のちりに目をつけるが、自分の目の中の […]