御言葉メール291

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール291
2007年6月9日
「神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。」(ロマ8の31)
かつてパウロは、信仰の最高の理解者であり、信仰の友であったバルナバと「激しい反目」をしました。それは、マルコを伝道旅行に今回も連れてゆくかどうかでした。宣教という神の働きをするのに相当激しい対立をしたようです。パウロの「激しい反目」は、これだけではありません。彼は、アテネにおいて「心に憤りを感じ」、更にはペテロがアンテオケに来た時も「面と向かって抗議」しました。
そして今パウロは、これらの事を通して神の愛について「怒らず、人のした悪を思わず」(Ⅰコリ13の5)と語ります。これらの言葉を書き送った時彼は、この愛の無さ、忍耐の無さを思い起こしていたのではないでしょうか。サタンは残存している私達の罪を利用して、神の栄光を表す事を止めさせようとしますが、神は全能なる主です。
伝道チームは二倍になり、パウロは神の愛について深く理解する者へと成長しました。私達も激しい反目や怒りに遭遇し、悲しい思いをするでしょう。しかし、神を愛する人、つまり神に愛されている人には、全てを益にして下さるお方が私たちの信じる神なのです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール291関連ページ

御言葉メール300
御言葉メール300 2007年7月11日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなた […]
御言葉メール299
御言葉メール299 2007年7月7日 「私たちの齢は70年。健やかであっても80年。しかも、その誇りとすると […]
御言葉メール298
御言葉メール298 2007年7月4日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなたが […]
御言葉メール297
御言葉メール297 2007年6月30日 「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(ローマ3章18節) 私 […]
御言葉メール296
御言葉メール296 2007年6月27日 「主の前に静まり、耐え忍んで主を待て。おのれの道の栄える者に対して、 […]
御言葉メール295
御言葉メール295 2007年6月23日 「彼は望みえないときに望みを抱いて信じました。」(ローマ4の18) […]
御言葉メール294
御言葉メール294 007年6月20日 「しかし私には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするもの […]
御言葉メール293
御言葉メール293 2007年6月16日 「わたしを呼べ。そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない […]
御言葉メール292
御言葉メール292 2007年6月13日 「私たち力のある者は、力のない人たちの弱さをになうべきです。自分を喜 […]
御言葉メール290
御言葉メール290 2007年6月6日 「また、なぜあなたは、兄弟の目の中のちりに目をつけるが、自分の目の中の […]