金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

251〜300

御言葉メール291

投稿日:

御言葉メール291
2007年6月9日
「神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。」(ロマ8の31)
かつてパウロは、信仰の最高の理解者であり、信仰の友であったバルナバと「激しい反目」をしました。それは、マルコを伝道旅行に今回も連れてゆくかどうかでした。宣教という神の働きをするのに相当激しい対立をしたようです。パウロの「激しい反目」は、これだけではありません。彼は、アテネにおいて「心に憤りを感じ」、更にはペテロがアンテオケに来た時も「面と向かって抗議」しました。
そして今パウロは、これらの事を通して神の愛について「怒らず、人のした悪を思わず」(Ⅰコリ13の5)と語ります。これらの言葉を書き送った時彼は、この愛の無さ、忍耐の無さを思い起こしていたのではないでしょうか。サタンは残存している私達の罪を利用して、神の栄光を表す事を止めさせようとしますが、神は全能なる主です。
伝道チームは二倍になり、パウロは神の愛について深く理解する者へと成長しました。私達も激しい反目や怒りに遭遇し、悲しい思いをするでしょう。しかし、神を愛する人、つまり神に愛されている人には、全てを益にして下さるお方が私たちの信じる神なのです。

カテゴリー

-251〜300

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.