御言葉メール290

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール290
2007年6月6日
「また、なぜあなたは、兄弟の目の中のちりに目をつけるが、自分の目の中の梁には気がつかないのですか。」(マタイ7の3)
この世には、政治から家庭のしつけに至るまで批評家がいます。更に巷には、悪質なにわか批評家が満ち溢れています。彼らは、他人の弱点や誤りをあげつらいます。そうすることが正しい、と確信さえしています。彼らは、人を批評する事は、人を改善させ、向上させると思い込んでいます。
しかしそのような彼らこそ、人から批評される事を屈辱に感じ、評した人を口汚くののしります。そしていつまでも忘れません。もしキリスト者が、この様な人と同じ考え方、同じやり方を教会に持ち込み、人を正し、成長させるために必要であると考えているならば、本当に愚かです。その人は、自分の期待に応えないキリスト者や、こちらの思うように事を運ばない牧師のあら探しをします。
それは、理にかなっており、自分の批評が、教会やクリスチャンを良くしていると勘違いしているのです。このような慈父から来る自己義認が、人を裁くという事です。キリストは、その様な人を「偽善者たち」と呼びます。それが冒頭のイエスからのキリスト者への忠告です。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール290関連ページ

御言葉メール300
御言葉メール300 2007年7月11日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなた […]
御言葉メール299
御言葉メール299 2007年7月7日 「私たちの齢は70年。健やかであっても80年。しかも、その誇りとすると […]
御言葉メール298
御言葉メール298 2007年7月4日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなたが […]
御言葉メール297
御言葉メール297 2007年6月30日 「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(ローマ3章18節) 私 […]
御言葉メール296
御言葉メール296 2007年6月27日 「主の前に静まり、耐え忍んで主を待て。おのれの道の栄える者に対して、 […]
御言葉メール295
御言葉メール295 2007年6月23日 「彼は望みえないときに望みを抱いて信じました。」(ローマ4の18) […]
御言葉メール294
御言葉メール294 007年6月20日 「しかし私には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするもの […]
御言葉メール293
御言葉メール293 2007年6月16日 「わたしを呼べ。そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない […]
御言葉メール292
御言葉メール292 2007年6月13日 「私たち力のある者は、力のない人たちの弱さをになうべきです。自分を喜 […]
御言葉メール291
御言葉メール291 2007年6月9日 「神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。」(ロ […]