御言葉メール289

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール289
2007年6月2日
「あなたがたの犯したすべてのそむきの罪をあなたがたの中から放り出せ。こうして新しい心と新しい霊を得よ。イスラエルの家よ。なぜ、あなた方は死のうとするのか。わたしは、だれが死ぬのも喜ばないからだ。−神である主の御告げ。−だから、悔い改めて、生きよ。」(エゼキエル18の31,32)
ここは、生きることは悔い改める事であると私には思えます。人間は誰一人として心を見られる神様に「自分は正しい」と言い張る事はできません。正しく生きたいと願えば願うほど正しく生きれない心が、鮮明になってきます。正しくない者を生かすために、神様は悔い改めを与えてくださいました。どんなに過去の過ちや傷つけた事で自分を許せないと思っていても、神様は赦されます。
私達が自分をどんなに裁いても、私達の思いとは全く関係なく、神様は私達を赦しておられます。自分の思いではなく、「悔い改めて生きよ」と言われる神のことばを信じようとする事が、私達に与えられている信仰です。その新しい心と新しい霊は、自分が頑張ったという誇りではなく、神様を信頼する謙虚さを与えてくれるでしょう。あなたも私も悔い改めの恵みに与れます様に。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール289関連ページ

御言葉メール300
御言葉メール300 2007年7月11日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなた […]
御言葉メール299
御言葉メール299 2007年7月7日 「私たちの齢は70年。健やかであっても80年。しかも、その誇りとすると […]
御言葉メール298
御言葉メール298 2007年7月4日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなたが […]
御言葉メール297
御言葉メール297 2007年6月30日 「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(ローマ3章18節) 私 […]
御言葉メール296
御言葉メール296 2007年6月27日 「主の前に静まり、耐え忍んで主を待て。おのれの道の栄える者に対して、 […]
御言葉メール295
御言葉メール295 2007年6月23日 「彼は望みえないときに望みを抱いて信じました。」(ローマ4の18) […]
御言葉メール294
御言葉メール294 007年6月20日 「しかし私には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするもの […]
御言葉メール293
御言葉メール293 2007年6月16日 「わたしを呼べ。そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない […]
御言葉メール292
御言葉メール292 2007年6月13日 「私たち力のある者は、力のない人たちの弱さをになうべきです。自分を喜 […]
御言葉メール291
御言葉メール291 2007年6月9日 「神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。」(ロ […]